本田翼主演のドラマ「嘘から始まる恋」のHuluオリジナルストーリー「嘘つき達のホンネ編」がHuluにて配信中。その“キュンシーン”の本編映像が解禁となった。

6月27日に日本テレビ系で放送された「嘘から始まる恋」は、1月に放送された「アプリで恋する20の条件」の監督とスタッフが手掛けた新感覚ラブコメディーの第2弾。ちょっと訳ありな「嘘」を抱えた4人の男女が織りなす物語には、本田の恋の相手役に町田啓太、さらに山本舞香、神尾楓珠らが出演した。

Huluオリジナルストーリー「嘘つき達のホンネ編」では、「嘘から始まる恋」本編と同様に嘘に喜び、嘘に泣かされ、時に騙し、時に騙されたフリをする、まるで“人狼ゲーム”のような“恋の駆け引き”が展開される。「嘘」で恋を信じられなくなった女と自分に「嘘」をつかないと恋を始められない男の、本編では描かれなかった“隠された嘘”や“恋のその後”を盛り込んだ内容となっている。

今回、解禁となったのは、なかなか恋が進展しない莉子(本田)が初めて淳之介(町田)の自宅を訪れた際のもの。淳之介から「俺は俺と付き合いたい」というパワーワードが飛び出す、“キュンシーン”となっている。

■ストーリー

10年付き合った彼氏に嘘をつかれ婚約破棄をされた葛西莉子(本田)は、自分を幸せにしてくれる人を見つけるために、青森から東京へとやって来る。カリスマショップ店員の従姉妹、篠原友里(山本)宅へ転がり込み、出会いのために銀座のナンパスポットに連れていってもらい、ナンパの指南を仰ぐ。

2人に言い寄ってきたのは、子犬系男子・泉晴彦(神尾)だった。「すみません、3分だけいいですか?僕の先輩が声をかけてこいってうるさくて…」と言葉巧みに近づいてきた晴彦に連れられて行く。そこにいたのが大手商社勤務で自らを都会の男と語る・鴨下淳之介(町田)だった。

しばらくして、すっかり飲み過ぎてしまった莉子は、津軽弁でクダを巻き、別れた元カレの愚痴を淳之介にぶつけていた。友里と晴彦が姿を消したことに気づいた淳之介は、「ハズレ押し付けやがって、あいつ…」と漏らす。

友里も翌朝、晴彦が実はフリーターで、大手商社の後輩と嘘をついたことを知る。ナンパで最悪の出会いをしてしまった2人は、新しい出会いを求め「オンライン人狼ゲーム」に参加する。しかし、そこに現れたのは、またしても、淳之介と晴彦だった。