森久保祥太郎の新音楽番組「ザ・セッション from 声優と夜あそび」の第1回が、ABEMA内アニメLIVEチャンネルにて6月25日に放送された。

本放送では、ロックバンド・GRANRODEOのヴォーカルとしても活動している声優の谷山紀章をゲストに迎え、音楽についてのフリートークを行ったことに加え、森久保と谷山による音楽セッションを披露した。

■アゲアゲな森久保祥太郎、いきなりの“重大発表”

森久保のアーティストデビュー20周年を記念し、スタートした「ザ・セッション from 声優と夜あそび」のオープニングでは、初回ということで、テンション高めな森久保が、バックバンドのウルトラ寿司ふぁいやーが奏でる音楽にあわせ、「レディース&ジェントルメン〜!」と叫びながら、派手に登場した。ゲストの谷山も、手拍子を叩き、にぎやかな雰囲気で番組がスタートした。

すると、アゲアゲな森久保が、いきなりの“重大発表”として、「10月に、20周年記念ライブを開催いたします〜!」と声高らかに報告した。

番組内では、ゲストの谷山とともに、森久保が、アーティストデビューしてからの20年を振り返りながら、“音楽”について、フリートークを行った。「この20年を語る上で、谷山紀章という存在は、絶対、外せない」と話す森久保は、「最初のレーベルをやめて、インディーズで活動してたときに、GRANRODEOのサウンドを聴いて“今、こういう音楽できるんだ!”って思ったんだよね」「谷山紀章がやったんだから、“俺もだまってらんない”って思って、同じレーベルのランティスさんにお願いしにいったの」と、声優の音楽活動が定着しておらず、順風満帆にいかなかった当時、好機を与えてくれたきっかけが、谷山だったことを語る。

そんな森久保の言葉に、「それは光栄だな。僕ら世代にとっては、森久保祥太郎ってヒーローだから」と照れくさそうに喜びを伝えた谷山は、「声優という顔がありながら、アーティスト活動するって、僕も夢だったから、森久保祥太郎に先越されたっていうか……でも、やるなら祥ちゃんだなって思ってたんだよね」「俺も、バンドやりたい〜って、うらやましく思ってたよ」と、森久保に刺激を受けていたことを明かし、おたがいに切磋琢磨しながら、それぞれの音楽を築いていったことを語っていた。

■森久保祥太郎「“ごっくん馬路村”事件」とは

ウルトラ寿司ふぁいやーが、森久保と谷山に“ウルトラ”聞きたいことを質問した「ウルトラ聞きたいですし」というコーナーで、「ライブでの、ヒヤッとしたやらかしは?」と聞かれた森久保は、「“ごっくん馬路村”事件」と切り出し、ライブで突然、声が出なくなった時のエピソードを披露した。「高知の“ごっくん馬路村”っていう、ゆずはちみつドリンクを差し入れでもらっていて、それを飲んだら、声が出るようになったの!」と、たまたまあった“ごっくん馬路村”のおかげで、難を逃れたことを明かす。

一方、谷山は、ライブ中にお腹を下し、失禁しそうになったときのエピソードで、「曲が始まったときに、お腹がギューってなって、何度かお腹と対話したんだけど、胃が長くはねぇって言ってて」と、耐えられないことを悟り、谷山は、泣く泣くステージを降りたという。タイミングの悪さに、ひとり泣いたことを明かす。

さらに、「でもすごくゆれたの。ブーツインだったから、最悪、しのげるんじゃないかって」と、衝撃的なエピソードを暴露する谷山に、森久保も爆笑する。

また、谷山がステージに不在の間、客席からファンの大合唱が聞こえてきたことを話し、その歌声に感動し、涙したことを明かした。

その後も、曲作りについてや、声優とアーティストのすみわけについてなど、音楽論をたっぷりと語ったふたりは、番組の最後に、森久保作曲のロックミュージック「I'm Nobody」のセッションを披露した。

また次回、7月30日(金)の放送に、畠中祐がゲスト出演することが発表された。次回はどんな“セッション”が生まれるのか、“アーティスト”森久保と畠中による、熱い音楽トークを楽しむことができる。

なお、「ザ・セッション from 声優と夜あそび」の最新情報は、「声優と夜あそび」公式Twitterで報告する。