7月1日放送の「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」に、官能イラストがSNSでバズった主婦イラストレーター・平泉春奈が登場し、“バズり”の裏側について語る場面があった。

主婦でありイラストレーターとしても活躍している平泉は、普段からさまざまなシチュエーションのカップルイラストをInstagram上で公開している。キスシーンやベッドシーンなどを描いた官能的なイラストと、ともに投稿される官能小説が若い女性を中心に人気を集め、SNS総フォロワーは60万人以上に。過去に「愛のかたちをまだ知らない」(KADOKAWA)、「今、この世界であなたと2人」(日本文芸社)の2冊のイラスト本を出版している平泉は、その印税や、コスメ・ランジェリーブランドなどへのイラスト提供の仕事で生計を立てており、過去最高月収は100万円にも及ぶという。

現在、平泉は夫と2人の娘と暮らしており、夫もこのイラストレーターの活動には協力的なサポートをしてくれているという。MCの河本準一(次長課長)が「これの協力的なサポートってどういうこと?」と尋ねると、平泉がイラストに専念できるよう、夫は育児や家事を手伝ってくれていると説明。河本が「(絵のモデルなどではなく)そっちのサポートでいいんですね?」と確認し、スタジオが笑いに包まれる場面もあった。

番組では実際にバズったイラストも紹介。エレベーターで会社員の男女がキスしているイラストが紹介されると、「攻められてる感がエロい」「なんか想像しちゃう、いろいろ」「今すぐやって欲しい!」とスタジオの女性メンバーは興奮。一方男性メンバーは「男性が見ても何とも思わへん」と、意見が分かれる結果に。

放送後、視聴者からは「女性がハマるのわかる」「エロ美しくて素敵」「こんな可愛らしい方があんなエロいイラストを...」などの声が寄せられた。