7月22日(木)にスタートするアニメ「平穏世代の韋駄天達」(毎週木曜夜0:55〜、フジテレビ系※初回は夜1:00から放送)。このたび、追加キャラクター&キャスト10人の解禁とともに、オープニング・テーマをキタニタツヤが務めることが発表された。また、追加キャストの石田彰、伊藤静、瀬戸麻沙美、上坂すみれからはコメントが到着。

本作は、「ヤングアニマル」(白泉社)で連載中の天原・クール教信者による同名漫画を原作としたダーク・ファンタジー。生まれてから一度も戦ったことのない平和ボケしている韋駄天たち・ハヤト(CV:朴ろ美)、イースリイ(CV:緒方恵美)、ポーラ(CV:堀江由衣)らが、何者かにより復活させられた魔族とノールール&ノーリミットな三つどもえバトルを繰り広げる姿を描く。


※朴ろ美の「ろ」は正式には「王」に「路」
■キャスト陣が作品を盛り上げる!

このたび解禁された10人のキャスト&キャラクター。探求心が強く、思念の力で電子機器を操ることを得意とする「韋駄天」のエース・プロンテア役を石田彰が、戦闘能力がなく、無力ながらただ神に祈り続ける「人間」でシスター・ギル役を伊藤静が務める。

また、800年前に現れた破壊生物「魔族」チームには、高い戦闘能力を持つゾブル帝国の陸軍大将・ピサラ役に瀬戸麻沙美、魔族内でも最強のゾブル防衛兵士長・ニッケル役に上坂すみれ、ピサラの弟で食い意地が張っている少年兵・コリー役に石上静香が登場。

さらに、巨大な体を持つゾブル帝国の海軍大将・ネプト役に天田益男、悪魔的な推察力と思考能力を持つ魔族界の裏司令塔・ミク役に伊瀬茉莉也、ニッケルと並び魔族界最強とされるゾブル帝国の皇妃・ブランディ役に本名陽子、ゾブル帝国の皇帝・タケシタ役に宮本充、自らを魔王と名乗るゾブル帝国の開発局の局長・オオバミ役にチョーが決定した。

そして、オープニング・テーマは、ボカロPとしての活動から数多くのプロジェクトへの参加・楽曲提供など、シーンを越境して異才を放ち続けるキタニタツヤの「聖者の行進」に。キタニからも本作のOP曲に決定した喜びのコメントが到着した。

■キタニタツヤのコメント

キュート/ダーク、エロ/グロのバランス感覚の究極のようなこの“韋駄天”の作品世界から、僕の目に飛び込んで焼きついた光景を音として表現しました。

平穏世代の彼らが、魔族が、人間達が、そしてその目に映る世界が向かう先に、何が待っているのか? 完成した作品で目撃できることがとても楽しみです。

■石田彰コメント

素早さが神の御業の根源であるというこの作品の設定は面白い視点ですね。ハヤト達に対しては先輩であり、指導者的な顔を見せるプロンテアですが、リンさんに対するときは特別で、反応の仕方の落差が大きいのが彼の特徴のひとつです。

皆さんにそのあたりを面白がっていただきたいなと思っています。放送開始までもう少しお待ちください。

■伊藤静コメント

なんとも衝撃的なシーンからスタートのギルですが、なにが起きてもすがるように神に祈るだけの彼女が、これからどんな体験をし、なにを考え、韋駄天たちとどう関わっていくのか、ぜひみなさんに見ていただきたいと思います。どうぞお楽しみに。

■瀬戸麻沙美コメント

ピサラの声を担当します。瀬戸麻沙美です。…神様ってこんなに強いんだって思いました。毎回起こる容赦ない展開に痺れます。

ピサラは非道な部分も持ち合わせていますが、韋駄天たちと比較してしまうと、普通という言葉が当てはまってしまいそうな気がします。お楽しみに!

■上坂すみれコメント

「平穏世代の韋駄天達」にてニッケル役を演じさせていただきます! 一目見ただけで、「この子ヤバいやつ…!」と感じるキャラクターで、演じていても自分のテンションがあっちこっちに連れていかれます。壮絶壮大なスケールのバトルが、どのようにアニメで躍動するのか、とても楽しみです!

■伊瀬茉莉也コメント

この作品に登場するキャラクターたちはもれなく一癖二癖ある強者ぞろいです。私が演じさせて頂くミクもオカシイ…アヤシイ…ヤベー女(いや、ミステリアスな女?)です。

このぶっ飛んだ(もう言葉を選ぶのやめました)作品に命を吹き込むキャスト陣。キャラクターたちに負けないぐらい濃い〜百戦錬磨の先輩方のお芝居にワクワクが止まりませんでした!最高!! ミクも爪痕を残せるよう頑張ります!! ぜひ放送を楽しみにしていてください!