7月5日(月)放送の「ネプリーグ」(夜7:00-8:00、フジテレビ系)に、潮田玲子、沢松奈生子、青木愛、星奈津美、栗原恵、狩野舞子、江畑幸子という女性アスリートたちが出演する。潮田、沢松、青木、星はぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)と共にレジェンドアスリートチームとして参戦。栗原、狩野、江畑は原田泰造、名倉潤と共に女子バレーボールチームとして、さまざまなゲームに挑む。

1stステージは、あらゆる分野から出題された問題にひとり1文字ずつ解答し、全員で5文字の答えを完成させるゲーム「ハイパーファイブリーグ」。スポーツキャスターとしての顔も持つ「ネプリーグ」初登場の潮田は「失敗すると仕事が減りそう」とプレッシャーを感じ、英単語の問題では汗が止まらなくなるほど。思わず「今日は帰ります!」と言うシーンも。

女子バレーボールチームの「ネプリーグ」初参戦の栗原は「今日はいろいろ、さらすつもりできました!」と覚悟を決めている様子を見せるが、格言を書く問題で江畑が大苦戦をする。

2ndステージは、人気J-POPの歌詞の漢字を歌に合わせ書くゲーム「カラ漢リーグ」。沢松は1stステージから切り替えようと、「間違えませんから!」と気合を入れ直すが、潮田はテンポの速いYOASOBIの曲に出てくる歌詞の漢字が出てこずパニックになる。

一方、女子バレーボールチームの狩野は「いい感じですね」と自信をあらわにするが、ここでも江畑が苦戦。しかし、間違いを気にしない堂々とした姿勢に思わず先輩の狩野がフォローを入れる。

3rdステージは、10個以上正解がある常識問題を制限時間内に答えるゲーム「ハイパーボンバー」。レジェンドアスリートチームの沢松は「逆境に強いメンバーがそろっているので」と最終ステージでも気合十分。ゲーム以外にもレジェンドアスリートチームが東京オリンピックの注目選手を語る一幕も。

対する、女子バレーボールチームは、新たなオリンピック種目にまつわる問題でファインプレーを連発しレジェンドアスリートを追い詰める。狩野は「結果残そうと思って来ているので!」と最終戦のプレッシャーを感じながらも勝ちにこだわり、バレーボールで培ったチームワークを見せる。