櫻井翔が総合司会を務める音楽特番「THE MUSIC DAY 2021」(7月3日[土]昼3:00-夜10:54、日本テレビ系)にて、「BE TOGETHER」を歌唱した鈴木亜美がコメントを寄せた。

今年で9年目の放送となる同番組の今回のテーマは、「音楽は止まらない」。ライブやフェスなどが思うようにできない状況の中、テレビから前向きな音楽と音楽を“ノンストップ”で繋ぎあわせ、ライブ感を届けたいという思いが込められている。

■鈴木亜美コメント

――鈴木さんバージョン の「BE TOGETHER」はリリースから21年ですね。長年支持されている曲ですが、今歌っていて感じていることは何ですか?

この曲を歌う機会が一番多いので、初めてお会いする方でも「『BE TOGETHER』歌ってました!」とコミュニケーションのきっかけにもなる楽曲です。私にとっても大好きで大切な曲。うれしい気持ちでいつも感謝を持って歌っています。

――今回のステージを振り返っていかがですか。

昔の映像とリンクさせるという見せ方だったので、私も見てくださる皆さんと同じ気持ちで「懐かしいな」と思いながら、まるで(自分の)娘が歌っているようで、本当に時間がたったんだなという気持ちで歌いました。

――最近では主婦としてのプライベートもメディアを通して紹介していますね。

同じような年代でお子さんがいらっしゃって働いている女性と同じ目線で、見ている方の励みになったらいいなと思って、あえてリアルな自分を出していきたいなと思っています。

今後も時間は過ぎていくものなので、ちゃんと楽しい歳の取り方をしながら、楽しいエンターテインメントを作れるような存在でいたいと思っています。