Kis-My-Ft2・宮田俊哉が7月4日、東京建物 Brillia HALLで開催された音楽劇「GREAT PRETENDER グレートプリテンダー」の公開ゲネプロ及び取材会に、美弥るりか、加藤諒と共に登壇した。

同作は古沢良太が脚本・シリーズ構成を手掛けた人気アニメ「GREAT PRETENDER」(2020年、フジテレビ系)を原作に、斎藤栄作の脚本、河原雅彦の演出で、生バンド演奏を交えた疾走感あふれる“音楽劇”として届ける、痛快クライムエンターテインメント。

初日を迎える心境を聞かれ、宮田は「舞台をこのご時世にできることは、演者としてすごく幸せなことなので、ワクワクしています」とニッコリ。

1カ月半に及ぶ稽古中はずっとマスクをしていたこともあり、美弥が「(マスクがないので共演者の)顔が見られて楽しいなと思いました。(宮田の)まつげが長くてキレイでビックリしました」と明かすと、宮田は「うれしくてたまらないです」と照れ笑い。

今回、宮田は8年ぶりの舞台主演を務めるが、「8年前がもっと前のことに感じるくらい目まぐるしい日々を過ごさせていただいていたので、舞台の芝居ってどうやればいいんだろうというところからのスタートでした」と回顧。

また、「8年ぶりですし、主役って大丈夫かなと不安がすごく大きかったので、これから初日の舞台が開くのは、心臓が口から出ちゃいそうです」と本音を打ち明けた。

加藤は、そんな宮田について「努力家。みんなで稽古しようと声をかけてくださって。頼れる座長でしたし、やりやすかった」と絶賛していた。

宮田は原作のファンということで、「アニメ原作の作品をするのは、僕自身初めて。好きがゆえにプレッシャーがすごかったですね」と当時の心境を告白。

ひょんなきっかけで世界規模の詐欺ゲームに巻き込まれていく、自称“日本一の天才詐欺師”主人公・エダマメこと枝村真人を演じるが、「コーヒーが好きっていうのが共通点。あと、マネジャーさんたちに体形がエダマメと一緒で、手足の長さやがに股も、エダマメっぽいと言われました」とうれしそうな表情でエピソードを披露した。

さらに、「この作品が決まったのがうれしくて、キスマイのライブのアンコールのTシャツに“自称・日本一のコンフィデンスマン”ってプリントしてもらって出てました。エダマメ愛がすごくて」とはにかみながら明かしていた。

エダマメが周りにいじられるキャラクターでもあり、宮田自身も現場ではいじられキャラだそうで、「キスマイの中でもいじられることが多く、どこに行ってもいじられるのか」と口にし、「僕が見てきた舞台の座長は滝沢(秀明)くんや亀梨(和也)くんなど、“俺が引っ張っていく”というタイプの先輩方だったので、『俺が座長?いじられていて大丈夫かな?』と思うんですけど、周りのキャストの方から『いろんなタイプがいるよ』と言われ、少し安心しました」と、共演者の気遣いに感謝を込めた。

さらに、キスマイメンバーの反応についても言及。今回の稽古で苦戦しているという話をメンバーにすると「それってすごく幸せなことじゃん」と言われたそうで、「それが自分の中で励みになっていて」と感謝。

続けて、「玉森(裕太)は全公演行くって言ってました。玉森は毎回絶対そう言ってくれるんですけど、劇場でいつも1回しか見ないんですよね。どっかで見てくれるかも」と満面の笑み。

アニメ好きで仲がいいSnow Man・佐久間大介も出演を喜んでくれていたそうで、「『宮田君、エダマメにぴったりじゃないっすか?』って言ってくれて。さっきも『初日、おめでとうございます』って連絡くれましたし、『絶対見に行く』と言ってくれました』と笑顔で明かした。

劇中では、大量の汗をかいていた宮田。2020年の自粛期間から外食が減ったこともあり、7kgも落ちたと言い、「ゲネプロがステージに立っての初めての通しだったんですけど、人間ってこんなに体から水出るんだねというくらい汗が出た。座っているところから立ち上がった時に自分の汗で滑りそうになりました。“宮汁”ブシャーをやらせていただきました」とニヤリ。

記者陣から8年前の主演の際も、“宮汁”で水たまりを作っていたと振られると、「変わらないですね」と照れ笑い。

最後には、「音楽劇ということで、生バンドの中、お芝居していますし、僕、個人的にもこういうミュージカルは初めてで、初めて尽くしの舞台になっています。とにかくこの作品は面白いんです。見に来ていただいて間違いはないと思います」と胸を張ってあいさつし、締めくくった。


◆取材・文・撮影=TAKAMI