7月4日、東京モード学園 総合校舎コクーンタワーにて、同校と着物レンタルVASARAによる産学共同企画ファッションショーが開催。SKE48の井上瑠夏、江籠裕奈、岡本彩夏、末永桜花、日高優月、古畑奈和が出演した。

イベントは第1部と第2部に分けて行われ、第1部はVASARAの浴衣を着たSKE48の6人によるファッションショーを実施。井上が黒、江籠が白の“総レース浴衣”、岡本と末永が“レトロ浴衣”、日高と古畑がメンズ浴衣のデザインをモチーフにした“ユニセックス浴衣”を着てランウェイを歩いた。

また、MCを務めたトミドコロによるむちゃぶり企画も。江籠・古畑ペアは古畑を男性役に「花火大会で片思いの彼に告白」、井上・日高ペアも日高を男性役として「野球観戦デート」、岡本・末永ペアは女の子同士で「露店デート」というシチュエーションの演技に挑戦した。

さらに、トミドコロは舞台袖に戻った末永、日高、古畑に声を掛け、デート中の末永と日高の元に古畑が現れるという“三角関係”のシチュエーションを提案。3人はこのお題に挑戦すると、2人の元にやって来た古畑は、同じ男性役の日高に仕掛けるかと思いきや、「君のその目が他の人を誘ってると思うんだよね」と末永を非難。

そして、古畑が「優月、選ぶのはこっちだよね?」と日高の手を取って末永の前から走り去ると、意外な結末に客席からは大きな拍手が送られた。一方、最初は“両手に花”の設定を喜んでいた末永だったが、ランウェイに1人取り残されるという結果に「両手がカラ?」とこぼし、客席の笑いを誘っていた。

第2部では、東京モード学園の学生が制作した次世代コンテンポラリー浴衣衣装のコンテストが開催。SKE48は審査員を務め、結果集計の間には浴衣姿でミニライブを行い「ごめんね、SUMMER」と「奇跡の流星群」の2曲を披露した。

■SKE48 イベント前囲み取材

イベント第1部の前には囲み取材が行われ、SKE48の6人が記者からの質問に答えた。

――第1部でランウェイを歩く際の浴衣を実際に着た感想を教えてください。

岡本:普段浴衣を着る機会があまりないのですごく新鮮で、気が引き締まるような気持ちです。レースが付いてる浴衣を初めて着て、かわいくてうれしいです。

末永:私も今回こうしたレースの浴衣を初めて着させていただいたんですけど、SNSで若い女性の方たちが浴衣とレースを組み合わせて着ている写真を見て憧れていたので、今日こうして着ることができてすごくうれしいです。

古畑:私はユニセックス浴衣を着させていただいたんですけど、私も男性的なかっこいい浴衣を着たいなって思った時になかなか見つけることができなかったので、今回こうやってきれいに着させていただくことができてうれしかったです。こうやって広めていくことによって、こういう浴衣を求めていた方たちに知っていただく機会になって、手に届きやすくなったらいいなと思いました。

江籠:私は真っ白な総レースの浴衣を着させていただいてます。写真で見てももちろんかわいいんですけど、いろんなレースを使ってるので生で見るとよりかわいさが伝わる浴衣だなと思います。足元もサンダルだったり、今どきの女の子が好きそうな浴衣になっていて、実際私もポスター撮影で着させていただいて、その写真が公開されたときに女の子のファンからすごく好評だったので、これを機にこういう浴衣のことも知ってもらえたらうれしいなと思いました。

日高:私は奈和さんと一緒にユニセックス浴衣を着させていただいたんですけど、こういうタイプの浴衣は初めてなのですごく新鮮な気持ちです。見た目のイケメンさは奈和さんに劣るかもしれないので、“心のイケメン”を今日のファッションショーで見せられたらいいなと思います。私みたいに髪の毛が長い方がこの浴衣を着ても「かわいいな」「かっこいいな」と思うので、いろんな方に着ていただけたらいいなと思います。

末永:江籠さんは白の総レースなんですけど、私は真っ黒の総レースの浴衣を着させていただきました。私は夏祭りで浴衣を着るのが毎年の夏の楽しみなんですけど、黒っぽい浴衣は一度も着たことがなくて、今回着させていただいて、大人っぽさもありつつレースのかわいさもあって、特別感があっていいなって思いました。私も二十歳になったので、大人な一面も出していきたいなって思います。

――この後ランウェイを歩くわけですが、今の気持ちはどうでしょうか。

岡本:ランウェイは子供の頃、モデルの職業体験をさせてもらった時以来なので緊張しているんですけど、パリコレだと思って歩きたいと思います。

末永:こんなにかわいい浴衣を着させていただいたので、この浴衣のかわいさやすてきなところが見てくださる方にたくさん伝わればいいなと思います。

古畑:私と裕奈でシチュエーション込みのランウェイを歩くんですけど、ファンの方はこの格好を見て「カップルみたいだね」って盛り上がってくれると思うので、そこに懸けていこうと思います(笑)。

江籠:今回ランウェイを歩くに当たってみんな小道具を用意してもらいました。私はレースの浴衣に合うかわいい小道具を用意してもらったので、それにも注目してもらえたらうれしいです。

日高:(第1部の)この浴衣と、(第2部で)もう1着かわいらしい女の子っぽい浴衣の2着を着させていただくので、ギャップを見せて、ランウェイはかっこよく決めたいと思います。ダンスの先生に「歩くのだけはうまいね」って言われたことがあるので(笑)、ここで発揮したいなと思います。

井上:私は初めてランウェイを歩くということでとっても緊張してるんですけど、すごく大人ですてきな浴衣を着させていただいたので、1人でも多くの方に「この浴衣着たいな」って思ってもらえるように頑張りたいです。あと、私の小物は、私のファンの方にとっては意外な物になっていると思うので、注目していただけたらいいなと思います。

――この浴衣を着て行きたい所はありますか?

一同:(口々に)お祭り〜!

日高:でも、私は野球場デートとか。

末永:毎年夏にメンバー全員が握手会で浴衣を着るってイベントがあったので、それがまたできたらいいなって思います。

古畑:おうちのお庭に座って、うちわであおぎながら「暑い夏だね」とか言いながら過ごしたいです。

江籠:私は映えスポットに友達と似た浴衣を着て行って、映えさせたい(笑)。

――5期生の2人(江籠、古畑)はもうすぐデビュー10周年を迎えますが、それを控えた今の気持ちはいかがですか?

古畑:今日は浴衣モードで来てたから準備してなかった!(笑)

江籠:11月なのでまだ時間は少しあるんですけど、2人で会うたびに話題にはなるんですよ。「こういうことをしたら喜んでくれるかな?」って話をしたりするので、ファンの人が楽しんでくれるのはもちろん、自分たちの記念日なのでここまでやってきてよかったなって思える何かができたらいいなって思いますし、SKE48に私たちがいた証を残せるように頑張りたいなと思います。

古畑:以下同文でございます! 最高のコメントでした(笑)。