7月4日の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)において、司会の明石家さんまとゲストの田中みな実がプチバトルを繰り広げる展開となった。

司会のさんまが、オープニングトークでゲストの黒木瞳、新木優子らを順番に紹介、田中の番になると「いくつになった?」と質問。

田中は「女性ゲストに年齢を聞かれることってないので、びっくりしてるんです」と年齢の公表をやんわりと拒否すると、さんまは「俺は、あの時いくつだったんだと、過去を思い出すんです」と、改めて年齢を聞いた真意を説明した。

しかし田中は「放送上、言わなくてよくないですか?」と拒否の態度を示した。さんまは「(放送ではなく)普段の会話でこんなのしたくないわ」と強めの口調で言い返すと、田中も負けじと「普段の会話でしょ!」と驚きつつも反論して、プチバトル状態となった。

「普段の会話で『田中さんいくつになられました?』とか、誰がするか!」とさんまは言い、さらに「聞きたくもないわ! 東野(幸治)と、吉本の話をしている方が楽しいからな(笑)」とコメントして、場を和ませた。

この日はゲストが人生の中でドハマりしたアイドル「私が憧れた神アイドル」をテーマに、黒木瞳は浅田美代子を、新木優子はモーニング娘。'21を、田中はフランスの有名なショコラティエの名前をあげて、思いを明かした。

次回、「行列のできる法律相談所」は7月11日(日)夜9:00から放送予定。ゲストは阿川佐和子、玉城ティナ、染谷将太ほか。