声優の浪川大輔と石川界人が出演する「声優と夜あそび 木」(毎週月〜金曜夜10:00-11:30、アニメLIVEチャンネル)、7月1日放送の #11では、擬似バンジージャンプに挑戦した「浪川・石川のNGデッドラインはガチなのか?」などのコーナーを行った。

■浪川大輔と石川界人、バンジージャンプを最新アトラクションで体験

「浪川・石川のNGデッドラインはガチなのか?」では、#7の放送回でバラエティ企画のデッドラインを探った際、浪川、石川ともにOKを出したバンジージャンプに、最新アトラクションを使って体験した。

喜んでOKを出した笑顔の石川に対し、フリーフォール系が苦手にもかかわらず、石川とゲストの安元洋貴による交渉に負けて、OKを出してしまった浪川は、「(フリーフォールで)クイってなるのが、どうしてもダメで…」と不安となる。そんな対照的なふたりが、別スタジオへ移動すると、そこにはバンジージャンプのリアルな擬似体験を追求した移動式アトラクション「どこでもバンジーVR」が設置されていた。

まずは、バンジージャンプに興味津々の石川が、装置に乗り込んだ矢先、足首を固定され身動きが取れなくなり、「めちゃくちゃ、不安定感を感じる」と自由のきかない体勢に、早くもバンジージャンプ前、独特の緊張感を感じる。

そして、VRゴーグルに東京タワーの屋上の映像が映し出さると、そのリアルな映像に「え、すご〜い!」「やばいやばいやばい」「これは怖いわ」とワクワク感とこわさが入り混じった声をあげる。勝手にジャンプ台へと移動する映像に恐怖を感じながらも、ハイテンションのまま落下した石川は、「超楽しい!」「もう一回、やりてぇ〜」と興奮冷めやまぬまま、浪川と交代する。

■浪川大輔「すごくない!?」

続く浪川に石川は、「めちゃくちゃ、爽快感ありますよ」「俺、飛んでるって気持ちになったんです」と満面の笑みで楽しさをアピールするが、落下のリアルな映像を見た浪川は、「これ、けっこうマジじゃん…」とつぶやき、暗い表情で装置へ乗り込む。身体が固定され、自由の効かないまま揺れる装置に、ビビりまくりの浪川は、「早い早い!ちょっと待って!」とあせるが、抵抗もむなしく、着々と準備が進められ、あっという間にジャンプ台へ移動させられる。

一方で、恐怖心MAXの浪川を見た石川は、「3、2、1、バンジーって言ったら、飛びますよ。3、2、1…ですからね」とバラエティ番組鉄板の“焦らし”で、先輩イジリを楽しむ。

そんな石川にツッコむことも忘れ、「うわぁぁぁぁぁ」「え、え、ええ〜〜!?」と絶叫しながら落下した浪川は、ぼう然とした顔のまま体験を終えると、「予想以上にすごくない!?」「何も抵抗できない感じで、おもしろかった!」とリアルな臨場感をこわがりながらも、楽しんでいた。