大竹しのぶと吉岡里帆が、7月7日に都内で行われた劇場アニメ映画「漁港の肉子ちゃん」(公開中)の公開記念舞台あいさつに登場。今回、登壇していないプロデューサー・明石家さんまの話題などで会場の笑いを誘った。

同作はさんまがほれ込んだ西加奈子のベストセラー小説をアニメ化したもので、漁港の船で暮らす訳あり母娘が織り成す感動のハートフルコメディー。大竹は愛情深い性格ゆえに、これまでの人生で“ダメ男”ばかり引き寄せては何度もだまされてきた主人公・肉子の声を担当しており、吉岡は若かりし頃の肉子の親友・みう役を務める。

大竹は「こんな感染状況の中、映画館に来てくださったこと、本当に感謝します。しかもお金を出してチケットを買って来てくださって本当にありがとうございます。今日はプロデューサーの人(さんま)がいないので、きちんとゆっくりお話ができると思います」とチクリとさんまPを刺し、会場を沸かせた。

出演の経緯についてあらためて聞かれ、大竹は「吉本興業の方から『プロデューサーのさんまさんがぜひに!って。(この役は)大竹さんじゃないと!』って言われて、そうするとすごく断りにくいなと。貸し借りじゃないですけど、前に私のCDのレコーディングで歌ってくれ…あ、しゃべってくれたので(笑)。『じゃあ、やります』って。そしたら本人は全然そう言ってなくて、吉本の人が私をだましたんですけど(笑)」と裏話を明かす。

続けて「原作ももちろん読んで、原作は原作の面白さがあるんですけど、それとはまた違った、渡辺(歩)監督の肉子ちゃんの世界が広がって、すごくあったかい感じになって、こんなときだからこそ、笑って、優しい気持ちになれる作品に出られて良かったなて思いました」と回顧。

一方、吉岡は「私は事務所の社長さんからメールがきたんですけど、『さんまさんが出てほしいって言ってくださっているので』って。でも、絶対うそだって思って。そんなわけがないと思ったんですけど、その一点張りでおっしゃているので、そんなの絶対断れないって思って(笑)。すごく緊張したんですけど、しのぶさんが肉子ちゃんを演じられるというのと、西加奈子さんの原作を母が大好きで読んでいて、私も読ませていただいて、これはすてきな作品だと思って、参加させていただけたら光栄なことだなと思いました」と振り返った。

さんまPはアフレコにも来たそうで、印象に残ったことを聞かれ、吉岡は「私は…えっと、すごくたくさんお話をしてくださっていたんですけど…」と言葉に詰まっていると、大竹が「まったく印象に残らなかったんだね。一言も届いてない(笑)」とバッサリ切り捨て、会場に笑顔が広がる。

慌てて吉岡は「さんまさんが面白いなと思ったのが、私はずっとアフレコブースにいたんですけど、さんまさんはミキサーエリアにいらっしゃって、(そこは)マイクが通ってないんですけど、何かしゃべってくださっている時間があって、マイクが通ってないけどいっぱいしゃべってくださっているなって。マイクが通ってなくてもしゃべるさんまさん、っていうのが印象的でした」とエピソードを語ると、すかさず大竹が「うるさいってことですよね?(笑)」とツッコミを入れ、吉岡が「決して決して…(笑)」と苦笑いしていた。

また、今作は女性の成長物語であり、母と娘の物語だが、それをなぜさんまが手掛けようと思ったか、という話題に。

MCから振られ、大竹はすぐさま「それ、里帆ちゃん(が答えるのは)難しいよね」と言い、吉岡も「私には…」と答えに窮していると、大竹は「お金儲けですかね?としか言えないよね(笑)。吉本と組んで…みたいな」と言って場を和ませた。

続けて大竹は「昔からあったかいモノが好きで、人を笑わせること。たぶん、今ここにいたら隅っこの笑っていない人を見つけて『何で笑ってないんだ!』って言うような人なので…。一瞬でもいいから人を幸せにすることが昔から好きで、だからこそそういうものを作りたいって思ったんだと思います」と推察した。

それを受け、MCが「すごく明石家さんまさんの優しさが詰まっているような気がしました」と語ると、間髪入れずに「いい風に言えばね」と、大竹ならではの返しで笑いを誘っていた。