Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演を務めるドラマ「彼女はキレイだった」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)が7月6日にスタートし、ヒロイン・愛(小芝)の親友・梨沙(佐久間由衣)の抜群のスタイルにさっそく注目が集まった。(※以下、ネタバレがあります)


■佐久間由衣の美脚にくぎ付け!

同作は、2015年に韓国で放送された同名ドラマの日本版。さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌エリート”になった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子に変ぼうしてしまった佐藤愛(小芝)という、真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描くラブストーリー。

赤楚衛二が愛の魅力に気づいていく職場の先輩・樋口拓也を、佐久間が愛の親友で愛の“フリ”をする桐山梨沙を演じる。4人はやがて“四角関係”へと発展していく。

初回から、佐久間演じる梨沙は抜群のスタイルを惜しげもなく披露! 花柄の超ミニワンピを着こなし、裾をはためかせて街を颯爽と歩いたかと思えば、デート帰りのシーンでは腰の位置の高さが度肝を抜くチェックのミニスカート姿。

宗介とレストランで食事するシーンでは、花柄のブラウスにオレンジのホットパンツ姿ですらりと伸びた脚を惜しげもなく披露した。

■「ひよっこ」にヒロインの親友役で出演

そんな佐久間の名がお茶の間に知れ渡ったのは、2017年放送の連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合ほか)。佐久間はヒロイン・みね子(有村架純)の幼なじみでやがて夢をかなえて女優になる助川時子を演じた。

奥茨城が誇る美少女だった時子は、みね子と一緒に集団就職で上京後、女優を目指して奮闘。ミニスカートの代名詞だった「ツイッギーそっくりコンテスト」に出場し、見事優勝して夢をつかんだのだった。

劇中、時子はまぶしいミニスカート姿をたびたび披露。第127回では、「私、これに応募しようと思います!」とコンテスト募集の案内を見せて決意表明した時子に、みね子や愛子(和久井映見)が「『日本のツイッギーを探せ』。うん!」「いいね!ピッタリだと思う!」と声援を送る場面もあった。

それほどまでにミニスカートがよく似合う佐久間。「彼女はキレイだった」でも、きれいな美脚と抜群のスタイルを披露。意志的な顔立ちもあいまって、宗介の思い描く“カッコいい愛”のイメージにぴったりだ。
そんな佐久間に、視聴者からも「佐久間由衣ちゃん、バッチリハマってる!!」「佐久間由衣ちゃん眼福」「腰の高さが尋常じゃない」「佐久間由衣ちゃんの美脚にどうしても目が行ってしまう…美しい!!」の声が寄せられた。

愛のフリをして宗介に会い、「イギリスに留学するの」と嘘をついた梨沙。だが第1話ラストでは、宗介と街でバッタリ会ってしまった。第2話では、仕事に打ち込む愛に相談できないまま、梨沙は宗介とのことを自分で何とかしようと心に決める。