AKB48とテレビ東京がタッグを組み、“乃木坂46を超える”ことを目的にスタートした「乃木坂に、越されました〜AKB48、色々あってテレ東からの大逆襲!〜」(毎週火曜深夜1:35-2:05、テレビ東京)。7月6日深夜の第1回放送では、AKB48の歴史を振り返る特別編が放送され、その中で9月29日(水)に発売する58thシングル「根も葉もRumor」の選抜メンバーも発表された。

番組ではグループの誕生から黎明・全盛期、そして2019年のキー局レギュラー“0”や2020年の紅白落選といった衰退期までを、前田敦子・指原莉乃・山内瑞葵という3人のキーパーソンを軸にしながら紹介。

中でも山内は、自身が初センターを務めた最新シングル「失恋、ありがとう」(2020年3月発売)について苦悩を打ち明け、「今自分が出せる精一杯を出し切って、ひとつひとつ活動してたんですけど、コロナのせいにはしたくないんですけど、握手会がなくなってしまったりだとか、ライブとか大きな会場で、ファンの方の目の前で『失恋、ありがとう』を披露する機会が、今までのシングルと比べるとなくなってしまったりとか」と振り返る。

精神的な負担は大きかったようで「何をしたらいいか分からなくなっちゃって、そういう(売り上げの)数字とかを見ると、だんだん自信をなくすことにもつながって、(気持ちが)落ちて来ちゃたり。胸を張って『センターをやった』ってあまり言えなくて」と、大粒の涙を流しながら胸の内を語った。

また、番組ではAKB48劇場で行われた58thシングル「根も葉もRumor」の選抜メンバー発表の様子も放送され、初選抜となった谷口めぐが「7年間AKB48で活動してきて、初めて選んでいただきました。またAKB48を愛してくださる方々が付いてきてくれるように、頑張っていきたいと思います。ありがとうございます。よろしくお願いします」と涙ながらに意気込みをコメント。

現在休養中の柏木由紀も「責任を持って、AKB48のメンバーとして、ファンの方もそうじゃない人も、他のメンバーにも、納得してもらえるくらい一生懸命、『今までで一番頑張らなきゃいけないな』っていうのはすごい思ってます」と、最古参となった今だからこそ言える言葉で思いを語った。

最後は、岡田奈々が「選抜メンバーとかも安定しちゃったりとか。今平和な現状がメンバーも普通だと思っているから…何も起きない」と現状を語り、小栗有以も「総選挙とかジャンケン大会とか、そういうヒリヒリ感。『そう言うのも大切なのかな』っていうのは思ったりはします。『壊せるものは壊す』というかなんか、言い方がちょっと怖いですけど(笑)」と決意表明を。今の平坦な状態ではこのまま没落するのみだと危機感を表し、番組は次回から本格スタートすることが伝えられた。

次回の「乃木坂に、越されました 〜AKB48、色々あってテレ東からの大逆襲!〜」は7月13日(火)深夜1時35分より放送予定。