「ミスマガジン2021」のベスト16が7月6日に発表され、東京都内で初披露取材会が行われた。

「ミスマガジン」は、1982年にスタートし、2021年で38周年となる雑誌業界で最も歴史のあるミスコンテスト。過去には斉藤由貴や細川ふみえ、中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩など、そうそうたるメンバーが受賞している。

「ミスマガジン2021」のベスト16に選出されたメンバーは、山岡雅弥、和泉芳怜、坂上未優、枷楼はな、長澤聖愛、天野きき、辻優衣、竹内月音、斎藤愛莉、大嶋みく、ナタリア聖奈、大島璃乃、金澤日風実、大塚遥、内藤花恋、亀山キラリ。

選出者が4人ずつ登場し、それぞれ自己紹介や意気込み、「ミスマガジン」に懸ける思いなどを語った。3組目は斎藤、大嶋、ナタリア、大島。

斎藤は「特技は卓球とトランペットで、卓球に関しては全国大会に出場経験もあります。あとの特技は、耳を動かすことができます。『ミスマガジン』にもグラビアにも初挑戦なのですが、これを機にたくさんの方に名前を覚えてもらい、いつかは女優さんになって愛してもらえるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」と明かした。

大嶋は「『ミスマガジン2021』ベスト16の中で一番身長の低い145㎝です。チャームポイントは髪の毛がサラサラなところです。高校ではチアダンス部に所属していて、全国大会にも行きました。そこで学んだ勝負精神を『ミスマガジン』で発揮できるように一生懸命頑張ります。よろしくお願いします!」とアピール。

ナタリアは「出身地はメキシコのカンクーンです。10歳までメキシコに住んでいて、そこから3年間京都に住んで、現在東京で暮らしています。特技はネイティブの英語とスペイン語です。よろしくお願いします」とコメント。

大島は「特技は着物の着付けと水泳です。着物の着付けでは、『全日本着物装いコンテスト』という着物の着付けの美しさや所作を競う大会で全国大会まで出場しました。水泳は、小さい頃から選手コースで毎日泳いでいて、今でも自主的にプールに行ったりしているので泳ぎには自信があります。ちょっと天然なところがあって、いつもおっちょこちょいなことを言ってしまうんですけど、そんなところも好きになってもらえたらうれしいです。グラビアは初めてなのですが、和服を着ている時と違った魅力を皆さんにお届けできたらと思います。応援よろしくお願いします!」と語った。