「ミスマガジン2021」のベスト16が7月6日に発表され、東京都内で初披露取材会が行われた。

「ミスマガジン」は、1982年にスタートし、2021年で38周年となる雑誌業界で最も歴史のあるミスコンテスト。過去には斉藤由貴や細川ふみえ、中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩など、そうそうたるメンバーが受賞している。

「ミスマガジン2021」のベスト16に選出されたメンバーは、山岡雅弥、和泉芳怜、坂上未優、枷楼はな、長澤聖愛、天野きき、辻優衣、竹内月音、斎藤愛莉、大嶋みく、ナタリア聖奈、大島璃乃、金澤日風実、大塚遥、内藤花恋、亀山キラリ。

選出者が4人ずつ登場し、それぞれ自己紹介や意気込み、「ミスマガジン」に懸ける思いなどを語った。4組目は金澤、大塚、内藤、亀山。

金澤は「私は無所属で、この『ミスマガジン』には賞金の100万円を取りたいがために応募しました。私の将来の夢がかわいいランジェリーブランドを作ることなので、その資金にあてたいからです。無所属で心臓が飛び出るくらい緊張しているのですが、よろしくお願いします!」と心境を告白。

大塚は「現在、私はおすし屋さんで見習い修業をしながら芸能活動をしています。特技は、愛情たっぷりのおすしを握ることとシャリを均一10gに握ることです。趣味は漫画やアニメを見ることで、最近は『はじめの一歩』の間柴選手にハマっています。もう一つ、バスケのディフェンスが好きで、関東大会に出場した経験があり、その時に得た特技の反復横跳びを披露させてください!」とコメントし、機敏な反復横跳びを披露。さらに、「今回グラビアというものに初挑戦で、いつも応援してくれている家族や大将にグランプリという名の最高のネタを届けられるように、ぜひ顔と名前を覚えてください。ネタも握りますが、あなたのハートも握っちゃっていいですか?」と個性あふれるあいさつで締めくくった。

内藤は「特技はダンス、バレーボール、アクロバットです。ダンスは4歳の頃から習っていて、ヒップホップが得意です。インドア派で家にいることが好きで、食べることと寝ることが好きです。初めてのグラビアで緊張しますが、自分らしく精いっぱい頑張っていきたいと思っております。ぜひ応援してください。よろしくお願いします!」とにっこり。

亀山は「アイドル以外はやったことがなくて、グラビアは初挑戦で不安なところもあってとても緊張しますが、自分らしく楽しく頑張っていければと思います」と意気込んだ。