7月8日スタートの天海祐希主演ドラマ「緊急取調室 第4シリーズ」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※初回は夜9:00-10:04の10分拡大)に、初回ゲストとして桃井かおりが出演する。桃井は、50年前に人民の連帯を訴えた“7分間の演説”が伝説となり、「黒い女神」と呼ばれた活動家・大國塔子を演じる。

同ドラマは、天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる刑事ドラマ。

最新作となる第4シリーズでは、“部署の消滅まで残り100日”というタイムリミットを課せられたキントリチームが、これまで以上に揺るぎない正義感をたぎらせながら、一筋縄ではいかない被疑者たちの“裏の顔”を丸裸にしていく。

■桃井のアクションに、天海「なんて幸せな景色なんだろう」

2年ぶりに再始動した「緊急取調室」に襲い掛かるのはハイジャック事件。伝説の活動家・大國塔子(桃井)がCAを人質に取り、機内に立てこもる。同機に偶然搭乗していた有希子は、事態を収束させるため塔子に立ち向かうが、図らずも死者を出してしまう。

このシーンは、実は天海と桃井の共演初日に撮られたもの。ぶつかり合う有希子と塔子の気迫、人の命がかかった緊迫の時間に加え、機内という狭い空間でのアクションも交錯する予断を許さないシーンだったが、天海と桃井は同作が初共演とは思えないほど阿吽(あうん)の呼吸を見せた。

天海は「機内では動ける範囲も制限されているため、桃井さんから投げかけられた実際の動きに関する疑問をもとに、監督も交えてアイデアを出し合いました。私からは天海祐希個人の意見、さらに真壁有希子の視点での意見を述べさせていただいたのですが、桃井さんがすごく面白がってくださって。『それいいね、採用!』と、おっしゃってくれたんです。アイデアや意見を言いやすい環境を桃井さんが作ってくださったことに、とても感謝しています」と、充実した表情で振り返った。

また、桃井の体を張ったアクションに、天海は「なんて幸せな景色なんだろう!」と感動し、二人は素晴らしいコンビネーションを発揮していたという。

■第1話あらすじ(7月8日[木]放送)

北海道警察へ出張することになった「緊急事案対応取調班(通称:キントリ)」の取調官・真壁有希子(天海祐希)は羽田空港へ。保安検査場で、提示しなければならない持病の薬の処方箋が見つからず、オロオロしている白髪の老女と出会う。

とっさに手助けをした有希子は、同じ便に乗るという老女と共に搭乗口へ。別れ際、老女が発した「いい旅を」という言葉に、何とも言えない引っかかりを覚えながらも、自分の座席へと向かう。ところが出発時刻になっても、飛行機は一向に離陸しない。

そんな中、安全確認のため離陸が遅れる旨を告げるCAの機内アナウンスを聞いた有希子は、その声から異変を察知。様子を探るため、CAたちがいるギャレーに駆けつけると、CAのひとりが「ハイジャック」と走り書きしたメモを見せる。

有希子はすぐさまキントリに連絡を入れ、そのままギャレーへ突入。すると、そこにはCAにインスリンポンプを突き付ける、先ほどの老女の姿があった。しかも、老女は人が変わったかのような殺気をはらみながら、「私は国民青年派の大國塔子(桃井かおり)だ」と名乗り、ハイジャックを宣言。

駆け込んできた警乗警察官・山上善春(工藤阿須加)が人質解放と投降を促すも、塔子は一切ひるむことなく、爆弾を機内に持ち込んでいることを明かし、同じ便に乗っている国土交通副大臣・宮越肇を呼ぶよう要求。宮越の汚職疑惑の真相を本人に語らせ、現政権の責任を問うと息巻く。 

実は、塔子は50年前に国会議事堂前で“7分間の演説”を行い、活動家集団である国民青年派と機動隊の衝突を止めた活動家。黒い鉢巻をしていたことから、「黒い女神」と呼ばれたカリスマだった。しかし、その後は潜伏を続け、いまやその存在を知る人間も少ない。

そんな塔子がなぜ、50年の沈黙を破り、ハイジャック事件を起こしたのか謎が謎を呼ぶ中、有希子は事態を収束させるため、自分が人質になると申し出る。だが、塔子はこれを拒否。一方、宮越も塔子の要求を拒絶する。

そんな中、“あってはならない事態”が発生してしまう。宮越の代わりに塔子のもとへやって来た第一秘書・東修ニ(今井朋彦)が、揉み合いになった挙げ句、命を落としてしまったのだ。その結果、現場にいた有希子に、世間から非難の声が浴びせられる。