映画「竜とそばかすの姫」(7月16日[金]公開)の完成報告会見が7月6日に東京都内で行われ、中村佳穂、成田凌、染谷将太、玉城ティナ、佐藤健、細田守監督が登壇した。

同作品は、母親の死により心に大きな傷を抱えた主人公が、“もう一つの現実“と呼ばれる50億人が集うインターネット上の仮想世界で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語。

高知の田舎に住む17歳の女子高校生・すず(声・中村)は幼い頃に母親を事故で亡くし、母親の死をきっかけに歌うことができなくなっていた。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、インターネット上の仮想世界「U」に参加することに。

「U」の中で、「ベル」として生きるすずは自然と歌うことができ、ベルの歌声は瞬く間に話題となって歌姫として人気者になっていく、というストーリー。

同会見で竜役を務めたことが発表された佐藤は「複雑な心を持った珍しい役どころをやらせていただきました。自分に務まるのか非常に不安でしたが、細田監督の温かなディレクションのおかげでなんとか最後までやり切ることができました」と告白した。

また、「(期待を込めて竜役を任せてくれた)監督のお気持ちに応えたいのはやまやまなのですが、非常に難しい役ですし普段とは違うアフレコという作業なので、どうしていいか分からなくて難しかったですね」と苦労を語った。

さらに、「まず竜の声がどんな感じなのか全く想像がつかなかったんですよ。だから、監督に『竜っぽい声なんですかね?』って聞いたら、監督が『竜っぽい声でお願いします』って言われたので、僕が思う“竜っぽい声”でやったんです。とりあえずやってみて、細かい指示をいただいて微調整していこう思っていたんですけど、1発目から『そんな感じで!』って言われて…。最後まで『心配だな』って思いながらやっていました」と苦笑い。

すると、細田監督は佐藤について「一言目からめちゃくちゃ勘がいいなって思いました。本当に言うことがないんですよ」と絶賛していた。

ほか、佐藤は竜役が自分であることが発表されるまでの期間を振り返り「予告編を見ながら冷や冷やしていました。自分の声なので『どっからどう聞いても俺じゃん!』って思いながら、バレないかなと心配しながら過ごしていました」と吐露。

そんな中、染谷は「(竜役が佐藤であることを)僕は知っていたので聞かれても言えなかったのですが、うっかり忘れて言いそうになった時もありましたけど、ちゃんと言わなかったです」と得意げに語って笑いを誘った。