Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演を務めるドラマ「彼女はキレイだった」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)が7月6日にスタートした。放送後「#彼女はキレイだった」がTwitterトレンド世界一に浮上するほど話題になった同作で、中島とあわせ注目を集めたのが、ヒロイン・愛(小芝)の職場の先輩・樋口拓也役の赤楚衛二。キュートなスマイルに女性ファンから歓声が上がっている。(※以下、ネタバレがあります)

同作は、2015年に韓国で放送された同名ドラマの日本版。さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌エリート”になった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子に変ぼうしてしまった佐藤愛(小芝)という、真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描く。

再就職先の出版社で、宗介と“上司と部下”として嬉しくない再会を果たしてしまった愛。だが宗介は、愛がかつての初恋の相手とは気づかない。それどころか、仕事に慣れずドンくさい愛にパワハラまがいの毒舌を浴びせる始末。
そんな殺伐とした雰囲気を和ませるのが、赤楚演じる編集部員でムードメーカーの樋口拓也。初対面シーンからニコニコと人懐こい笑顔を浮かべ、白いソックスにローファーという独特なファッションセンスの愛を見てマイケル・ジャクソンを連想するなど、愛に興味津々。編集部では、働き始めたばかりで右も左もわからない愛に仕事について教えてあげる優しさも見せた。

■「チェリまほ」童貞男子役で話題に

初回から、キュートな笑顔を振りまいた赤楚に、視聴者からは「樋口くんカワイイ」「カッコ可愛くて優しい陽キャの樋口くん推せる!!」「陽キャもハマる赤楚くん、樋口くん優しいキャラだしもう好感度爆上がり!!」「樋口役の赤楚くんの笑顔に癒された」といった声が続々。ドラマ自体も反響が大きく、放送後は「#彼女はキレイだった」がトレンド世界一に躍り出た。

赤楚は、大きな話題を呼んだドラマ“チェリまほ”こと「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(2020年、テレビ東京系)で連続ドラマ単独初主演。童貞のまま30歳を迎えたことで人の心が読める力を手に入れた“こじらせ童貞”安達清を演じた。

好意がバレているとは知らない同期・黒沢(町田啓太)からの好意ダダもれの心の声にドギマギする姿が「可愛すぎる(笑)」「自信なさげな安達が愛されることでどんどん成長してるのがわかって感動」と大きな反響を呼んだのも記憶に新しい。

そんな赤楚が今回演じる“陽キャ”な先輩キャラ。今後、愛に思いを寄せていく展開が期待できるだけに、ファンの注目が集まっている。