2021年9月に全国ロードショーが予定されている吉本ばなな原作、エドモンド・ヨウ監督、小松菜奈主演の映画「ムーンライト・シャドウ」で、主人公・さつき(小松)の恋人役を宮沢氷魚が務めることがわかった。

1989年に刊行され社会現象ともいえる大ヒットを博した吉本ばなな著「キッチン」に収録されている、短編小説「ムーンライト・シャドウ」は、1987年に吉本が大学の卒業制作として発表し、日本大学芸術学部長賞を受賞、そして翌1988年には泉鏡花文学賞を受賞した作品だ。

同作を原作とした映画「ムーンライト・シャドウ」は、突然訪れる恋人の死をなかなか受け入れることができない主人公・さつきの一人称の視点で描かれる、「さよなら」と「はじまり」のラブストーリー。宮沢は、さつきの恋人で、すべてを包み込むような優しさを持つ一方、ふといつのまにか、その場からいなくなってしまうような儚さが漂う青年・等を演じる。


■宮沢氷魚本人コメント
最初に台本をいただいて読んだ時に、自分自身と等に近しいものがあるように感じ、物語が自分の中にスーッと浸透していく気持ち良さがありました。等の苦悩や悩みもすごく共感できましたが、等に訪れる死というものは忘れて、一つ一つのシーンや瞬間を、等として一生懸命生きるという考え方で撮影に臨みました。

エドモンド監督は、ずっと笑顔でとにかく役者のことを第一に考え、すごく演じやすくチャレンジしやすい環境を準備してくれたので本当に感謝しています。そういった環境で自由にやらせていただいたからこそ、「こうしたら面白いんじゃないか」というひらめきもあった現場でした。

主人公のさつきは、個性的で自分の意志をしっかりと持っている女性なので、演じるのは独特の空気感を放つ小松さんしかいないと思いました。「ムーンライト・シャドウ」という作品を背負って主人公のさつきになった小松さんがしっかりと先頭にいたので、現場のチーム力も高まっていき、小松さんにもすごく感謝しています。

「ムーンライト・シャドウ」は、いろいろ考える、思うきっかけを与えてくれる、本当に素晴らしい作品になっていると思います。この作品が皆さんのもとへ届くことを楽しみにしていますし、皆さんが少しでも笑顔になってくれることを願って僕たちもがんばりました。吉本ばななさんの原作のように、日本だけでなく世界から愛される作品になったらいいなと思います。

ぜひ楽しみにしていてください。