7月7日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系) は、ゲストにSexy Zoneの中島健人が登場。ジャニーズ事務所の先輩たちとのエピソードを明かした。

城島茂は、あまり自分が知らない中島の世代の人たちと故・ジャニー喜多川氏の思い出を聞かせてほしいとお願いする。中島は国分太一とともに「ぐるナイ」(日本テレビ系)の企画「ゴチになります」に出演していたとき、オンエアを見ているとジャニー氏から電話があり「YOU国分より面白いよ」と言われたと明かす。

国分はその一言に「えっ?」と小さく驚きの声をあげると、中島はそのとき、ジャニー氏がジャニーズJr.のメンバーたちと一緒にオンエアを見ており「みんな口を揃えて言ってるよ」と付け加えたと報告。松岡昌宏は「(ジャニー氏が)旅立つ1年前の話でしょう」と時期を指摘し、中島とジャニー氏の最後の電話だったのでは?と尋ねる。中島が「ここまで濃い会話をしたのは最後だったかも」と振り返ると、国分は中島に「気分いいでしょうね!」と不機嫌さを露わに。国分は「最後のジャニーさんとのエピソードになっちゃったよ、今のが」と訴えつつ、「最後まで課題を残す人だね、ジャニーさんは」としみじみした。

また中島は「1個、本当に止めてほしかった」と思ったという国分との別のエピソードも告白。中島と国分に加え、東山紀之、井ノ原快彦、中居正広とともに食事をする機会があり、中島はその先輩方を「アベンジャーズ的メンバー」と表現し、貴重な瞬間であったことを強調する。

そんな中、最後に集合写真を撮ろうという話になり、立場的に中島が撮ろうとして出したスマートフォンを国分が奪い、国分がシャッターを切ったという。だが、国分は酒に酔っていたこともあり、写したふりをして自撮りを撮影。結果、集合写真は撮れず、中島は「本当にこのおじさんありえねぇ」と思ったと苦情を。国分は当時の状況をあまり覚えておらず、たぶん面白いと思ってやってしまったのだと言うが、中島は「もう大人だろ」と国分にツッコミを入れた。

さらに中島は木村拓哉とのエピソードも明かす。木村に挨拶に行く際、木村が「ツンデレのことがある」と言い、その様子をモノマネする。ただすぐに我に返り「俺、殺されません?」と心配。松岡は「殺されないと思うけど、たぶん今、楽屋で観てらっしゃる」と、実は、このあと木村との収録があり、テレビ局に着ていると教える。中島は思わず「嘘だろ?」と発言。驚きのあまりため口になっていた中島に、松岡は「俺、一応、お前の先輩」とツッコミを入れた。

SNSでは「ジャニーズアベンジャーズ!!その4人はまさに強そう」「集合写真結局撮れずはつらいな」「酔っ払い太一くんオモロw」など、国分との集合写真のエピソードへのコメントが多く上がっていた。

次回の「TOKIOカケル」は7月14日(水)夜11:00より放送予定。ゲストに間宮祥太朗、磯村勇斗が登場する。