7月7日放送の「あちこちオードリー」(テレビ東京系)に高橋真麻がゲスト出演し、バラエティー番組への熱い思いを明かす場面があった。

アナウンサー時代からさまざまなバラエティー番組に出演してきた真麻は、この日のトークで「ドバラエティー好きなんですよ」と本音を打ち明けた。今はコメンテーターとして真面目な発言を求められることもあるが、真麻は「私はめちゃくちゃバラエティーやりたいんで、コメンテーターやってる場合じゃない」とぶっちゃけ、スタジオの笑いを誘う。

水に落とされるなど体を張ってきた経験もあり、オードリー・若林正恭が「ああいう仕事の帰りは充実感あるの?」と質問。すると真麻は「大丈夫だったかな、よかったかな、今日はでも水に入れてもらった」と、“水落ち”に感じる手応えや喜びを表現した。

また、第7世代など世代が下の芸人から「真麻さん」と呼ばれることも増えており、真麻は「なんにもなく終わっちゃって『私のいる意味はなんだったんだろう…?』みたいな感じで帰る時はけっこうあります。ハイキックされてなんぼな感じなのに(笑)」とも打ち明けていた。

放送終了後のネット上では「いつも明るい真麻さんが素敵」「真麻さんの水落ち、また期待してます!(笑)」といったコメントが寄せられていた。次回の「あちこちオードリー」は7月14日(水)放送予定。