8月11日(水)スタートのドラマ「来世ではちゃんとします2」(毎週水曜夜0:40-1:10、テレビ東京系)のゲスト出演者に、DOBERMAN INFINITY・SWAY、工藤遥、板垣李光人が決定した。また、ひまわりやスイカ、水着など夏らしいアイテムが散りばめられた部屋で、電動マッサージ機をバットの代わりにして野球をする桃江(内田理央)が描かれたメインビジュアルも公開となった。

スタジオデルタの取引先・カントリーカートゥーンで働く陽キャラなバイセクシャル・ 白木史敏役をSWAY、男ウケ抜群で女子力が高くあざといカントリーカートゥーンの社員・楠あやか役を工藤が演じる。

また、白木のそばに寄り添う謎の美少年・伊森レオポルト役を板垣が務める。

■白木史敏役・SWAYコメント

シーズン1を見ていたり、漫画を読んでいたりしたので、オファーを受けた時、あの世界に自分も入れるんだ!という喜びがありました! 白木史敏はキャラクター性ある濃い役で、ワクワクしましたね!

役作りとしては、独自の個性があって、その場の空気を一気にガラッと変えられる明るさを意識しました! 指パッチンが昔から得意というかクセだったんですけど、今回それが役に生かされたので、ぜひ注目して欲しいです(笑)!

共演者は皆さん、とても優しい方々で、初日から気さくに話しかけてくださって、「この現場いいなぁ」って思いました! 最後に「来世ではちゃんとします」ファンの皆さま、今回新キャラで登場させていただきます! 白木です! ぜひご覧ください! 合言葉は、「ごきげんよう」ですよ! よろしくお願いします!

■楠あやか役・工藤遥コメント

オファーを受けた時、昨年、一視聴者として楽しませていただいていた“来世ちゃん”に出れるんだ!と、とってもうれしく思いました。

台本を読んで、キャラクターの濃さ、癖の強さにニヤニヤし、あまりコメディやった事がなかったので、早く演じたくてたまらなかったです。楠あやかは超陽キャの、コミュ力おばけだな〜と思います(笑)。なんか鼻につく、はっきり嫌う理由ないけどなんか苦手、こういう『なんか』って言葉が似合うキャラクターだと思いました。女子が苦手な女子といいますか、そこを意識して演じていました。

撮影期間は短かったですが、内田理央さんをはじめ、皆さんがとても温かく迎えてくださり、来世ちゃんの撮影秘話をたくさん聞かせてくださいました。また参加したい空間でした。来世ちゃんの世界に参加できることを、とても光栄に思っています。「あ〜、いるいる〜」とちょっとウザがってもらえたら、私は大満足です!!

■伊森レオポルト役・板垣李光人コメント

凪ちゃん役のゆうたろうくんとはかねてより親交がありましたので「来世ちゃん」は存じ上げていました。ですので、ついにこの世界に自分も飛び込むのかという期待感が大きかったです。

レオは率直にかわいいなと印象を受けました。ツン83%、激デレ11%、その他6%といった塩梅で、このかわいさを皆さまに伝えられるよう演じる身としては計算高くあざとく臨みました。

現場は顔なじみのあるスタッフの方々が多く、新しい作品ではありましたがもう何日も撮影しているかのような、そんな力の抜き方で参加できたことはとてもうれしかったです。

まだ何話に登場するかは秘密ということですが…「来世ちゃん」のユーモアにコーティングされたスパイスにピリリとしていただきつつ、レオくんと白木さんがどう描かれるかという所も楽しみにしていただければと思います。