山口真帆が5人組ボーカルグループ・mzsrz(ミズシラズ)が新曲「アンバランス」にミュージックビデオに出演。この度そのミュージックビデオ撮影時のメイキング映像が公開した。

「アンバランス」は山口が主演する公開中の映画「ショコラの魔法」の主題歌。
映像の中では凛々しい表情と鋭い眼差しでシリアスな演技を見せるmzsrzメンバーと山口の緊張感のある撮影現場の風景が映る。
しかし休憩時間になると一転して、山口真帆がmzsrzに対して、ポージング指導、メンバーの一人ひとりの個性を捉えて、顔の向きや指先のポーズといった細部までこだわったディレクションを見せる楽しげな様子が映っており、さらに出来上がったポージングの中央に山口が入ると、新たな戦隊ヒーローの“ 決めポーズ ”のようなフォーメーションが完成し、その場を楽しい雰囲気に包み込み撮影現場を和ませているなど、和気あいあいとした交流の様子を見ることができる。
mzsrzメンバーも山口とのコミュニケーションが進むにつれ、TikTokの撮影を一緒にお願いし、「ショコラダンス」の振り付けを踊る場面があるなど、このミュージックビデオの撮影を通じて、お互いに親睦を深めていく様子が伺える。

■“多様声”?“憑依声”?気鋭のバンド「mzsrz(ミズシラズ)」
mzsrz(ミズシラズ)は、エイベックス × テレビ東京による次世代オーディション「ヨルヤン」を勝ち抜いた十代のボーカリスト、大原きらり・作山由衣・実果・ゆゆん・よせいからなる5人組。
一人独りに向けて歌い掛けるという意味で “見ず知らずだった私たちから、まだ見ず知らずのアナタへ ”というコンセプトを掲げ、5人が持つ独特な声質から “多様声”、“憑依声”と呼ばれる変幻自在な声は誰しもが思春期に抱える感情の機微を音に乗せて代弁する。
2021年6月30日(水)に放送されたテレ東音楽祭2021への初出演で注目を集めている気鋭のバンドだ。