BTS(防弾少年団)が、7月9日昼1:00(以下、韓国時間)にCD「Butter」を全世界で同時公開した。アルバムには、熱い人気を続けている「Butter」とダンスポップベースの新しいトラック「Permission to Dance」、そして2曲のInstrumentalバージョンがそれぞれ収録されている。

新曲「Permission to Dance」は、「Butter」と同様に軽快で楽しい雰囲気のピアノ演奏とストリングサウンドが特徴的な曲。

世界的ミュージシャンのエド・シーラン(Ed Sheeran)と英国出身プロデューサーのスティーブ・マック(Steve Mac)らが曲作業に参加したことでも注目を集めている。
BTSとエド・シーランのコラボレーションは2019年に発売された『MAP OF THE SOUL : PERSONA』の収録曲「Make It Right」以降今回が2回目となった。

「Permission to Dance」の歌詞は「ダンスは気が向くままに、許可なく思う存分踊ってもいい」という内容になっており、"We don't need permission to dance(僕たちが踊るのに許可は要らないから)" などの歌詞を通じて、ARMY(ファン)に元気を与えてくれる。

そして、ミュージックビデオには屋内と屋外を行き来しながら一緒に集まって楽しく踊るBTSの姿が映っている。7人のメンバーは、最初の場面から最後のカットまで明るく愛らしい雰囲気を漂わせ、キレのあるダンスも披露している。
また、映像の中にはマスクを取り踊りだす姿が映し出され、今の状況を乗り切った未来を感じさせる場面に現状を乗り越えるエネルギーが吹き込まれるようだ。

BTSの新曲「Permission to Dance」のステージは、この日夜9:30からNAVER NOW.とHYBE LABELSの公式YouTubeチャンネルで同時配信される。