9月18日(土)、19日(日)に滋賀県草津市・烏丸半島芝生広場で行われる「イナズマロックフェス 2021」の開催について、主催である西川貴教が7月9日、公式Twitterにメッセージを投稿。「今週地域住民の皆様への地元説明会を終え、正式に発表まで辿り着きました」とつづり、三日月大造滋賀県知事から「今こそ、今だからこそ、つながりを大切に」、橋川渉草津市長から「希望の光となるように」というメッセージが届いたことを報告した。

■自治体としっかりと連携を

西川は「政府、文化庁からのガイドラインに沿って、県及び開催市の自治体の皆様と感染症対策の徹底をし、準備していきたいと思います。今週地域住民の皆様への地元説明会を終え、正式に発表まで辿り着きました。引き続き自治体の皆様としっかりと連携して取り組んで参ります」と、有観客での開催に向けたメッセージを投稿。「イナズマロック フェス」公式サイトには、前述のコメントを出し、開催に賛同する三日月知事、橋川市長のメッセージが紹介されている。

先日「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」の中止が発表されたばかりとあって、この投稿には「今、野外音楽フェスの危機を救えるのは、イナズマロックフェスしかありません!」「エンタメの灯をどうか守ってください!という応援の声をはじめ、「一人一人が自分にできる最大限の対策を」「参加者はルールを守って参加を」という、フェス成功のため、感染症予防への意識を呼び掛けるコメントも多数寄せられている。

■ももクロ、DISH//ら11組が発表に

同日、「イナズマロック フェス」公式サイトでは第1弾出演アーティストを発表。西川が「西川貴教」「T.M.Revolution」として2日間出演するほか、DISH//、ももいろクローバーZら11組のアーティスト参加が発表された。

18日の雷神STAGEには、DISH//、西川貴教、04 Limited Sazabys 、MY FIRST STORY、ももいろクローバーZらが出演。

19日の雷神STAGEには、打首獄門同好会、THE ORAL CIGARETTES、 Da-iCE、T.M.Revolution、Novelbright、MAN WITH A MISSIONらが出演する。