映画「東京リベンジャーズ」(公開中)の公開記念舞台あいさつが7月10日に東京都内の劇場で行われ、北村匠海、山田裕貴、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮が登壇した。

同作品は、和久井健の人気コミックを映画化したもので、ダメダメな人生を送る“負け犬フリーター”の主人公・タケミチ(北村)が10年前にタイムリープし、過去の人生にリベンジする姿を描く物語。

元恋人・ヒナタ(今田)が殺されたことを知ったタケミチは、その翌日に駅のホームから転落し、目覚めると10年前にタイムリープしていた。負け犬人生を歩むきっかけになった最悪の高校時代を過ごす中、ようやく見つけたヒナタを救う唯一の方法は、マイキー(吉沢)率いるヤクザも恐れる危険な組織「東京卍會」を消滅させることだった。

舞台あいさつでは、北村が「無事、公開することができました。何度も何度も撮影が止まり、公開が延期になって“リベンジ”を繰り返してきたこの作品が、やっと皆さんの元へ届くことをうれしく思っております」と心境を明かす。

また、登壇者たちが同作の“エモいシーン”を告白。

北村が「(磯村演じるアッくんら)溝高(五人衆)と過ごした時間が結構思い出深くて。現場に入る前に溝高のみんなと芝居を合わせたりする時間もあって、その時はまだ自粛期間に入っていなかったので、本読みとかいろいろ終わった後で昼から飲みに行ったりして…。そういう芝居上の関係だけじゃなく、プライベートから醸し出るものもあって作り上げた溝高のシーンは好きですね」と振り返る。

続けて「最後の溝高が駆け付けてくれるシーンは、試写で泣きました。自分で見ていてもグッときちゃって…。エモかったですね」としみじみ語った。

すると、磯村は「匠海の家でゲームしたりね!夜な夜な闘って(笑)」と懐かしみながら、「すっごくおしゃれな家でね。かわいい雑貨とかが置いてあって…」と部屋の詳細を暴露しだす。

そんな磯村に、北村は「細かいの(情報)は、いいんで…」と苦笑いしながら注意し、会場の笑いを誘っていた。