A.B.C-Z・橋本良亮が単独初主演を務める、7月期ドラマ「痴情の接吻」(毎週日曜夜11:25-11:55※第2話は30分押し予定、ABCテレビ[関西ローカル]/テレビ朝日では毎週土曜夜2:30-3:00)の主題歌「夏と君のうた」(A.B.C-Z)の、作曲者が奥田民生、作詞者がスピードワゴンの小沢一敬であることが発表された。

同ドラマは、雑誌プチコミック(小学館)に連載中の累計140万部を突破した人気作を原作に、読書が生きがいの女と、彼女を“偏愛”するハイスペック男の“接吻(キス)”から始まる同居ラブストーリー。ドイツ帰りのハイスペック男・上条忍を橋本が、上条が唯一執着する高校時代の同級生・柏木和華を中村ゆりかが演じる。

A.B.C-Zがドラマ主題歌「夏と君のうた」を歌うことはすでに明らかになっていたが、第1話のエンドロールではその作詞者・作曲者は「???」と記載され、謎に包まれていた。番組公式SNS上では、「#夏と君のうたクイズ」と銘打って、作詞者・作曲者をあてるクイズを出題。ネット上では、推理する多くの意見があがり話題となっていた。

そしてついに、10日深夜に放送された第2話内で、作詞作曲者が発表となった。作曲・奥田、作詞・小沢、編曲・船山基紀という異例の布陣によって誕生した「夏と君のうた」はミドルテンポなロックチューン。奥田民生節なメロディに、小沢の甘く切ない歌詞が光る。小沢は、たびたびバラエティ番組で共演を重ねたA.B.C-Zのために、今回初めて作詞に挑戦。「紅白の日は、もう予定を空けています!」と自信たっぷりに仕上げた。

また、ABCテレビ(関西)で11日(日)に放送する第2話(※テレビ朝日では放送済み)には、作詞者の小沢一敬がカメオ出演。作詞家・小沢として、美女をはべらせ、甘い言葉をささやく等身大な芝居を披露する。

■作曲・奥田民生コメント
歌詞のおかげもあり、なかなか男前な曲に仕上がったと思います。小沢さんありがとう!A.B.C-Zの皆様も体に気を付けて頑張ってください。いつかお会いしましょう(笑)。

■作詞・小沢一敬コメント&インタビュー
大好きな人が曲を作り大好きな人たちが歌を歌う。その曲の歌詞を作らせて貰えるのはとても幸せな時間でした。みんなもこの曲が大好きな曲になることを祈ってます!

――演じられた役どころ「小沢」について
演じさせていただいた役はほとんどスピードワゴン小沢をやればよかったのでやっていて楽しかったです。監督が僕らのネタをよく知ってくれていたのでとてもやりやすい環境でした。

――視聴者の方へメッセージ
原作もとても人気作品ですがドラマの方もかなり刺激的な内容のようでとても見るのが楽しみです!ドキドキしながら一緒に盛り上がりましょう!