2021年5月にプロレスデビューしたSKE48の荒井優希が、7月10日に東京・両国KFCホールで開催された東京女子プロレスの大会「Don't miss the signs」で宮本もかとシングルマッチで対戦。プロレスデビュー5戦目にして、初勝利を飾った。

2週間前、同じ会場で行われたタッグマッチで宮本に敗れた荒井。序盤から攻め続けたが、前回のタッグマッチで空手出身の宮本に上段受けで防御された“Finally”(かかと落とし)を今回もブロックされてしまう。それでも荒井はビッグブーツからフォアアームエルボーで宮本をなぎ倒すと、最後は“Finally”を決めて3カウントを奪い、初勝利を手にした。

試合後の会見では、「練習してきたことをしっかり出せたことが本当にうれしいし、これからも負けずにまだまだ食らいついて、もっといろんな姿を見せられるように成長したいなと思います」とコメントした荒井。

勝利の瞬間は、「すぐには実感が湧かなかったけど、初めての感覚だなと思って。これで今日私を応援してくださってる方にも喜んでもらえたのかなと思うとすごくうれしかったです」と笑顔を見せた。

また、7月22日(木)から開幕するシングルトーナメント「第8回東京プリンセスカップ」への出場について聞かれると、「出られるならぜひ出たい」と意欲を見せた。

■荒井優希コメント

今日はシングルマッチで、自分の力で初めて勝利することができました。まだまだ、まぐれなんじゃないかと思われるかもしれないけど、練習してきたことをしっかり出せたことが本当にうれしいし、やっぱりどんどん先輩に勝っていかなきゃいけない世界だと思うので、これからも負けずに食らいついて、もっといろんな姿を見せられるように成長したいなと思います。今日はありがとうございました。

(「第8回東京プリンセスカップ」について)東京女子プロレスの一員としてやらせていただいているので、ぜひ出られたら出たいと思います。そのときは今日よりもいろんな技を出したり、もっといろんな方に挑めたらすごくうれしいので、ぜひ私も「東京プリンセスカップ」に出たいなと思います。

(前回の宮本とのタッグマッチ後の対策について)前回“Finally”を止められてしまって、そのときはすごく動揺してしまったんですけど、今日はまたそのもかさんと対戦ということで。今日も1回止められてすごく焦ったんですけど、“Fimally”で勝ちたくて、折れない気持ちで今日はやるって決めてたので、2回出せてよかったなと思います。

(勝利した瞬間について)3カウント取るのが初めてだったので、全然実感が湧かなかったんですけど。その瞬間に自分の入場曲が流れて、観てくださっている方の歓声とかもあって、すぐには実感湧かなかったけど、初めての感覚だなと思って。これで今日、私を応援してくださってる方にも喜んでもらえたのかなと思うとすごくうれしかったです。