■お客様と一緒に見つけていけたらいいなと思っています
宝塚歌劇団雪組トップスターとして、その実力と美貌で究極の男役像を創り、絶大な人気を博し、この4月に退団したばかりの望海風斗。退団後すぐに出演した「エリザベートTAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート」では、在団中に演じる機会がなかったトート役を最高のパフォーマンスで魅せた。

そして今回、退団後初となる望海風斗CONCERT「SPERO」を開催する。

男役の豊潤な香りと素の望海の狭間に漂う、この時期にしか観ることのできない新しい “望海風斗”を観られそうだが、望海は、そのコンサートでどういう自分がいるのかを見つけていきたいと言う。今の率直な思いを聞いた。

「宝塚の時は男役としてそれまで培ってきた創られたものをお届けしてきましたが、今回は全て脱ぎ去りニュートラルな位置に立って、これからどう進んでいこうかというところをコンサートでお届けできたらいいなと思っています。改めて1人の人間として、音楽やダンスなどと向き合ってみて、どういうものが生まれるのかなと。自分自身それが楽しみですし、お客様と一緒に見つけていけたらいいなと思っています」

本作の構成・演出は、望海の宝塚退団公演のショー「シルクロード〜盗賊と宝石〜」でも振付を手掛けた川崎悦子が手腕を振るう。川崎と言えば、数多くの宝塚作品や、劇団☆新感線などの舞台、さらにはテレビドラマやCMでも引っ張りだこの演出・振付家。

「サヨナラ公演でも振付をやっていただきましたし、このコンサートでも。“最後”と“最初”をみてくださるというのがうれしいですね。先生の世界観――人間が本来持っているものを一番大切にされていらっしゃると思いますので、そういう意味では、どういうことに挑戦したら新しいものが見えるんだろうと、より今の私が素敵に見えることを考えてくださっていると感じます」

構成は、宝塚在団当時の作品から思い出の楽曲や、ジャズ・ポップスなどのスタンダードナンバー、そして海外ミュージカルの楽曲に至るまで、歌の背景にドラマが見えるような“心に沁みる歌声”で綴られる。加えてショーアップされたシーンも盛り込み、“音楽”を思う存分楽しめるコンサートにしたいという。さらに、スペシャルゲストとして、ラミン・カリムルー、井上芳雄、海宝直人といったミュージカル界のスターたちが顔を揃える。

「スタート地点でご一緒させていただけて光栄です。皆さんプロフェッショナルな方たちなので、いい刺激を受けて吸収できたらと思いますし、一緒に歌わせていただくことによって自分の歌に対して新たな発見ができたらいいなと思っています。きっと力強く引っ張ってくださるお三方だと思いますので、身を委ねたいなと。今はまだ男役でいるほうが自然体で表現しやすかったりするのかなと思いますが、お稽古期間を経て初日までに自分がどのくらい変わっていくのか楽しみですし、そんな未知の世界を一緒に体験していただけたらいいですね」
■「終わった頃にはすっかり雪組ファン咲ちゃん(彩風)ファンになっていました(笑)」
コロナ禍で、サヨナラ公演はもとより、その前の究極の男役像を描き出し、高い評価を得たミュージカル「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」(2020)も公演回数が減るという事態に見舞われた。しかし、エンターテインメントは生きる上で光を照らしてくれる絶対に必要なものなのだと学ばせてもらったと熱い口調で語る。

「宝塚が完全にストップしている時期というのは、人生の中で光がなくなったような感じがしました。その後公演が再開した時に、これが必要なものなんだと実感したんです。やっぱり生きている以上、何かに出会い、発見し、また新たな目標ができたりする。そういう命の使い方のようなところにすごく必要なものがエンターテインメントなのだと。そして、お客様にとって刺激的な時間を過ごしていただけるものを、できる限り創っていきたいなと決意を新たにしました」

先日、宝塚雪組全国ツアー公演会場の座席に、望海と真彩希帆の前トップコンビの姿があった。望海から引き継ぎ、新トップスターとなった彩風咲奈のお披露目公演。

「一緒にやっていた人たちとは思えないくらい遠い存在になっていて…。終わった頃にはすっかり雪組ファン咲ちゃん(彩風)ファンになっていました(笑)」

小学生の時に初めて宝塚を観てファンになり、その後月組公演「BLUE・MOON・BLUE−月明かりの赤い花―」(2000)を観て、受験し合格したという筋金入りのヅカファン。それはトップスターとして活躍し、退団して新たなスタートを切った今も変わりはない。

「今も人生の中で一番の作品は?と聞かれたらやっぱり『BLUE−』ですね。いまだに観ると初心に帰れます。ときめきが大きいんです。今後のことは本当に未知ですが、宝塚を退団された先輩方がおっしゃるように、今の在団の生徒たちに恥ずかしくないようにはありたいです。そしてこのコンサート『SPERO』では、こういう状況下でも来てよかったなと思っていただけるようなステージをお届けできるように頑張ります」

取材・文=目黒あさみ