7月10日放送の「1億3000万人のSHOWチャンネル」(日本テレビ系)では、ゲストに増田貴久が登場。櫻井翔のためにオリジナルのスニーカー作りに挑戦した。

「世界に一足だけのスニーカーを櫻井にプレゼントしたい」という企画を持ち込んだ増田は、自分がスニーカー好きであることを櫻井は知っていると言うが、櫻井からは「知れないけど」とあっさり否定される。

ただ、櫻井は増田がこの日履いているスニーカーを見て、珍しいものを履いていると思っていたと言い、増田は「カスタムスニーカー」で市販のスニーカーを加工した一点ものだと説明。増田自身もこのスニーカーのカスタムに挑戦し、「翔くんにプレゼントしたい」と笑顔を見せる。

VTRでは、増田が“カスタムスニーカー”に挑む様子に密着。友人に加工を頼んだり、ライブ用にオリジナルものをオーダーしたりしたことはあるが、「自分で加工するのはうまくできないし、やったことない」と初体験であることを告白した。

自身のスニーカーコレクションの数を聞かれると「◯◯◯足くらい」とあやふやに答え「ちょっと引かれると思う」と世間の反応を警戒。ただ「同じ種類のスニーカーを10足とか持っている」と言い、スタッフから「自宅の靴箱に入りきらないのでは?」と心配されると、「靴と洋服が住んでいる家に(自分が)いさせてもらっている感じ」と、その様子を例えた。

増田は、世界で活躍するカスタムスニーカーの達人から技術を学びながら制作。センスが大事だと言われると、増田はNEWSのライブ衣装のデザインをするなどしていて「美的センスと人柄だけで生きてきた」と自信をのぞかせた。

スタジオでは、櫻井が増田と達人がそれぞれ作ったもののどちらがいいかを選ぶことに。櫻井は増田が作ったものを「VTRではうーん?って思ったけど、生で見るといいエイジング感がある」と褒める。一方で達人が作ったものは「(レベルが)違いますね〜」と絶賛したが、見えない部分に増田の顔のプリントされた増田制作のものを選択。「どれだけ汚しても気にならなそうだから(笑)」と説明した。

SNSでは「翔さんまっすーの選んでくれてありがとう」「隠れまっすーかわいい 翔くんも優しいありがとー」「グッズとかで販売してみてはどうでしょうか?」など、増田と櫻井とのやり取りや、完成品の出来に対するコメントなどが多く見られた。

次回の「1億3000万人のSHOWチャンネル」は7月17日(土)夜9:30より放送。ゲストにかまいたち、織田信成、羽鳥慎一、藤田ニコル、尾上松也、栗原類、真壁刀義、王林らが登場する。