7月10日放送の「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)に、ニューヨークがゲストで登場。実際に目撃した小島瑠璃子、田中みな実、吉高由里子の“あざとテクニック”を暴露した。

ニューヨークが目撃した「あざとい芸能人たち」をVTRで完全再現。番組で共演した小島は。ロケ中に屋敷裕政に対し「漫画めっちゃ詳しいですよね。YouTubeで紹介してるやつも見ました。私も漫画大好きなんで、おすすめ教えて下さいよ〜。屋敷さんの知識も本物なので、超信用しています」と気さくに話しかけ、屋敷は「なれの果ての僕ら」をおすすめ。すると帰りのロケバスの中で、すぐにスマホで同作を読んでいる小島の姿を確認し、屋敷は「『買いましたよ!』とか何も言わないんですよね(それがまたすごくグっときた)」とその時の心境を語った。

さらにニューヨークは、数年前に共演した田中のエピソードも告白。田中がMCを務める番組に、ニューヨークら若手芸人が20人ほど出演。最終回の収録が終わり、スタジオで行われた打ち上げの席で田中は、芸人一人一人に「今まで番組を支えてくれてありがとうございました!」とお礼を言い、全員に手書きの手紙を渡していたと明かす。田中いわくフリーになりたてのころの番組で、ニューヨークのことをよく覚えているという。

さらに屋敷は、あるスタジオ収録の時、吉高が知っているカメラマンに「あーお久しぶりでーす!」と無邪気な笑顔で手を振っていたと語り、手を振られたカメラマンさんは絵にかいたようなデレデレぶりになっていたと暴露。そこで山里亮太が「あれ、やっぱ大事ですか?」とスタジオのカメラマン4人に尋ねると、一同がそろって「うれしい」と頷くシーンがあった。

ほか、ニューヨークは学園祭で呼ばれた際に実行委員の学生たちに必ず手紙を書くレインボー・池田直人や、番組で出会った女性スタッフを下の名前で呼ぶコットン・西村真二のエピソードまでも暴露。だが、西村の「下の名前で呼ぶ」については、田中と弘中綾香アナが全否定。「下の名前で呼んでおけばいいんだろ感」「男性アナウンサーがやりがち。そういう俺ってすごくない? までが含まれちゃってる」と語り、ニューヨークを怖がらせた。

ネットでは「嶋佐のボケでニコニコの弘中ちゃんがかわいかったし、田中みな実とニューヨークの相性も良さそう。番組始まらないかなぁ」「屋敷さんの後輩への愛情を感じた回だった!」などの声が上がった。

次回は7月17日(土)放送。