吉沢亮が主演を務める大河ドラマ「青天を衝け」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。同作は、新一万円札の顔としても注目され、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一(吉沢)が幕末から明治へ、近代日本のあるべき姿を追い続け、時代の渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。

7月11日に放送された第22回「篤太夫、パリへ」では、篤太夫(=栄一、吉沢)がパリへ到着し、パリの技術や景色に驚く姿が描かれる。また、昭武(板垣李光人)はナポレオン三世の謁見式に出席し、堂々と慶喜(草なぎ剛)の名代としての役目を果たす。
そんなパリ万博のシーンは、VFXを駆使し1867年のパリを再現している。VFXとは、現在その意味は多岐にわたるが、一般的には別々に撮影された映像をグリーンバックを使うことで組み合わせること、またCGで作られた映像に人物を映し出すなど、現実ではない世界をデジタルで実現させる手段ということだという。

今回は、フランスで実際に撮影された映像に、日本で撮影された映像を合成することで作られた。パリ編の演出を務めた田中健二監督にその苦労や、役者たちの反応などを聞いた。

田中はVFXでの撮影にいたった経緯を「昨年の10月くらいまでは、フランスで撮影しようと、行けるなら行きたいねと考えていたのですが、10月の終わりにフランスで1日あたり5万人の新型コロナウイルスの感染者が報告され、11月はロックダウンされるということが発表されました。これはもうフランスでの撮影は無理だと考え、パリに行かないで“パリ編”を撮影するという決断をしたのが昨年の11月の頭くらいです」と明かした。

■田中健二監督「この舞台だからこそできる、とても素敵なシーン」

その上で、田中は脚本の大森美香と話し合ったと言い「まずは、日本でできることとできないこと、ロケに行かないとできないこと、VFXでなら実現できることなどを制作陣で考えました。そして、栄一がパリに行ったときに必ずやることもあると思うので、大森さんが事前に書いてくださった大筋からこういう風にだったら撮影可能だということを用意して、昨年内に大森さんに承諾をいただいて、VFXを作り始めました」と語った。

撮影の進め方を田中は「撮影は、フランスのプロダクションと組んで、進めました。実際に昭武がナポレオン三世と謁見したテュイルリー宮殿はもうなくなってしまったのですが、現存するものの中からどのように撮影するのかを考えました。その中で、他の使節団がフォンテーヌブロー城というところでナポレオン三世と謁見している絵が残っていまして、その舞台となっている広間をWEB上のストリートビューでロケハンをさせていただき、ここでならいい映像が撮れそうだと、フランスのプロダクションに実際にロケハンをしてもらいました。そのおかげで、日本とは全然違う、この舞台だからこそできる、とても素敵なシーンになったなと個人的にも思っております」と振り返った。


そして、田中は「昭武が歩いているシーンは、実際に板垣さんに衣装や履物も身に着けて歩いていただいて、床に1m間隔でテープをはり、1mを何秒で歩くことができるのかというのを計りました。そして、それをフランスのプロダクションへ送り、現地のスタッフや代役の方に実際に板垣さんと同じスピードで歩いてもらい、それに合わせてカメラワークを決め、撮影してもらいました。フランスの役者さんたちと豪華絢爛な宮殿の映像に板垣さんら日本人が歩いているところを合成しました」と苦労を語った。

また、続けて苦労したというシーンを田中は「篤太夫が、手すりに手をついて、外を眺めるシーンがあるのですが、それは結構難しくて…。その手すりと同じ幅と厚みのグリーンのセットを作っていただき、フランスで撮影された背景をかぶせました。センチメートル単位で縮尺を測り、一部を日本でグリーンの素材で、作り込むことにより、再現することができました」と明かした。

■田中健二監督「ストレスはあったのではないかと思います」

そんな苦労のあったグリーンバックでの撮影は、演じている役者にとっても苦労が多い。田中は「できるだけ撮影の時点で用意できる具体的なイメージは事前にお見せできるような形で用意しました。VFXチームが、CGの人物をフランスで撮影した素材にあて、雰囲気をつかんで頂いたり、当時の絵や写真を伸ばしてセットに置いて、こんな感じの風景がひろがっているんだよということを伝えて臨みました」と語った。

昭武とナポレオン三世が謁見するシーンを田中は「板垣さんは、ナポレオン三世との謁見は難しかったのかと思います。目線の先にナポレオン三世がいるわけですが、その距離感がどのくらいなのかとかどんな視線で見ているのかはよくわからなかったと思うので。目線の位置などは棒などで示していたのですが、役者さんは相手との芝居の中で気持ちを作ったり、感情が動いたりすると思うので、相手がいないという事へのストレスはあったのではないかと思います。ですが、素晴らしく凛々しい演技を見せてくださいました」とグリーンバックでの演技の難しさを語った。


そんな中、吉沢に対しての印象を田中は「吉沢さんは大変だったとは思いますが、結構楽しんでやってくれていた印象です。本人の中でイマジネーションを膨らませて下さって、思いきった芝居をしていただいたので、僕の印象では困っていたということはなかったかと思います。そこが彼のすごいところだと思うのですが、すごく楽しんでいる印象でした」と振り返った。

そして、“パリ編”での吉沢演じる篤太夫の見どころを田中は「第22回〜24回がパリ編なのですが、かつて攘夷の志士、外国嫌いだった篤太夫がいかに外国の人々と交流し、外国の人々を理解するのかという所が見どころです」と語り、

続けて、「篤太夫の新しいことを飲み込む能力、物事に感動し、受け入れるところをより強く吉沢さんには演じていただきました。篤太夫が篤太夫たるゆえんといいますか、新しい環境や物事に円四郎(堤真一)と共鳴した『おかしれぇ』という考えをパリでも発揮させたからこそ、“渋沢栄一”という人物はこんなにも大物になれたんだということを表現したつもりです。吉沢さんもその意図を汲んですごくビビットに演じてくれました」と語った。