NMB48が7月11日、「NMB48 ここにだって天使はいる公演2021」を大阪・Zepp Osaka Baysideで昼・夜の2回公演で開催した。

昼公演に出演したメンバーは石田優美、石塚朱莉、鵜野みずき、梅山恋和、加藤夕夏、川上千尋、小嶋花梨、渋谷凪咲、上西怜、白間美瑠、出口結菜、本郷柚巴、前田令子、水田詩織、安田桃寧、平山真衣の16人。夜公演は、石田、石塚、泉綾乃、梅山、岡本怜奈、加藤、川上、小嶋、渋谷、上西、白間、中川美音、堀詩音、本郷、安田、眞鍋杏樹の16人が出演した。

「ここにだって天使はいる公演」、通称“ここ天”はNMB48唯一のオリジナル公演で、2013年11月に初演、2017年から2019年にかけて、ドラフト2期生や5期生といった当時の次世代メンバーによる“カトレア組”もNMB48劇場で“ここ天”を経験している。

そして今回“ここ天”が復活。オリジナルメンバーは1期生の白間だけとなったが、NMB48の伝統が新たに引き継がれる日に。

序盤は、美しいハーモニーから始まる「青い月が見てるから」や羽根の生えた衣装での公演タイトル曲「ここにだって天使はいる」など、アイドルらしい王道ソングを歌唱。

続くユニットコーナーでは、革ジャンを着た小嶋がエレキギターを弾きながら歌うクールな「夢のdead body」、ユーモラスな要素も取り入れた「何度も狙え!」、オリメンの白間がリードするキュートな「おNEWの上履き」、グラビアでも活躍する上西と加藤と安田によるセクシーな「ジッパー」など、メンバーの個性をたっぷりと伝えていく。

後半も、人気曲「初めての星」に始まり、キレのあるダンスで魅せる「100年先でも」、クラシックバレエの踊りを取り入れた優雅な「ドガとバレリーナ」、ド派手な衣装と通天閣をモチーフにした帽子が大阪的な「情熱ハイウェイ」、全員のパワーと熱い思いが体現されている「不毛の土地を満開に…」まで、さまざまなタイプの楽曲を披露。

白間にとって最後の“ここ天”ということで、最後は最新シングル「シダレヤナギ」と「ワロタピーポー」(昼公演)、「らしくない」(夜公演)と、白間がセンターを務めたシングル曲も披露された。

昼公演唯一の7期生・平山は「すごく不安でしたけど、このチャンスを絶対に無駄にしたくないと思いました。先輩方に追いつきたい、負けたくないという気持ちも深まりましたし、先輩を脅かす存在になりたいです」と思いを表明。

ドラ3の前田も「刺激をくださる先輩は本当に偉大だと思いましたし、私もそんな先輩になりたいです。後輩にもっといろいろ教えたりしながら自分のポジションを確立して、“NMB48に前田令子が必要だ”と言ってもらえる存在になりたい」と力強く話す。

“ここ天”を多く経験してきた3期生・加藤からは「1期生から7期生まで全ての期がそろったメンバーで、この公演ができて本当に良かったです。こうやってNMB48の伝統が受け継がれていくんだなって思いました。伝統を大切にしつつ、気合がいっぱい入ったNMB48を今のメンバーで作っていきますので、NMB48の未来をしっかりと目に焼き付けてほしいと思います」と、卒業する白間の代わりに自分が引っ張るという頼もしいコメントも。

最後はキャプテン・小嶋が「ファンの皆さんと同じライブを一緒に楽しむこの空間が私たちは好きだということを、この3日間で感じました。どんな時代になっても、私たちを応援してくださる皆さんに本当に感謝しています。これからも、NMB48についてきてくださったらうれしいです」とファンに向けて思いを伝えた。

■「NMB48 ここにだって天使はいる公演2021」セットスリト
M0:overture
M1:青い月が見てるから
M2:Radio name
M3:ここにだって天使はいる
M4:カトレアの花を見る度に思い出す
M5:夢のdead body
M6:何度も狙え!
M7:おNEWの上履き
M8:この世界が雪の中に埋もれる前に
M9:ジッパー
M10:初めての星
M11:100年先でも
M12:リボンなんて似合わない
M13:ドガとバレリーナ

EN1/M14:情熱ハイウェイ
EN2/M15:少し苦い人生相談
EN3/M16:不毛の土地を満開に…
EN4/M17:シダレヤナギ
EN5/M18(昼):ワロタピーポー-/(夜)らしくない

(2021年7月11日、大阪・Zepp Osaka Bayside)