中川大志主演の新ドラマ「ボクの殺意が恋をした」 (毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第2話が、7月11日(日)に放送された。中川演じる殺し屋・柊が、人気漫画家・美月(新木)の命を狙って常に近くにいるわけだが、殺すどころか恋の胸キュンシーンが次々と訪れ、視聴者を楽しませている。今週は涼やかな美月の浴衣姿にも注目が集まった。(以下、ネタばれが含まれます)


■“殺したいの?恋してるの?”状態の柊

同作は最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(おのとら・しゅう/中川)が、秘密をかかえる暗殺ターゲットのヒロインで人気漫画家・鳴宮美月(なるみや・みつき/新木)の命を狙う、殺意と恋が入り混じるスリリングラブコメディー。

第2話は、柊が美月の秘書兼雑用係となって、彼女の周りをウロつくことになった。周囲から見たら、美月にこき使われているような柊だが、心の内では常に美月を殺すチャンスを伺い、良きタイミングで命を奪う計画を進めていた。

ところが、柊は実に、間の悪い殺し屋。美月を殺害しようと注射針を手にするも誤って床に落としてしまい、突然、美月に抱きついて「触んないでよ、変態」と言われてしまう。

また、手料理のスープに毒を盛り、美月に飲ませようと企むが、仕事仲間たちがわらわらと部屋に押し寄せ「おいしそう〜」と毒入りスープがロシアンルーレット状態に。余計な殺人をするわけにいかない柊は部屋の電気を暗くして、スープを回収。またしても美月を救うことになってしまうのであった。

■オロオロする中川大志に笑っちゃう

本当は殺さなくてはいけないターゲットに近付けば近付くほど、殺すタイミングを失っていく柊の言動が、視聴者をクスっと笑わせてやまない。慌てふためく中川大志の顔芸にも似たオロオロする姿が何とも面白く、ライバルの殺し屋“デス・プリンス”こと流星(鈴木伸之)との美月の奪い合いも好きな女性を取り合っているかのような“キュン”とするシーンの連続である。

また、殺されそうになっている美月の美しさにも目を奪われる。花火大会へ取材がてら出かける美月と柊が待ち合わせした際に、現れた美月の浴衣姿にウットリしてしまったのは、柊だけではなく視聴者も同じことだろう。

SNS等では視聴者から「中川大志くんに『ずっとそばにいろ!』って言われたい…」「たくさんキュンしてしまいました〜」「大志くんコント職人になってきてる(笑)」といった感想が寄せられた。なんだかカワイイ殺し屋・柊と、胸の内の読めない美人漫画家・美月の駆け引きは、まだしばらく楽しめそうだ。

次週、第3話は7月18日(日)に放送される。殺しのターゲット・美月と初恋の人・葵の面影が重なり、思わずときめいてしまった柊は、丈一郎(藤木直人)の仇である美月を殺さなければならないと気を引き締める。

そんな中、映画化される『ハリネズミ探偵・ハリー』に、流星の出演が決定。流星を警戒する柊をよそに、流星は忙しい美月たちを慰労したいとグランピングに誘う。柊は、流星が何か企んでいると察して美月を止めるが、彼女は聞き入れない。開き直った柊は、グランピングに行って流星より先に美月を殺すと決意する。