波瑠が主演を務めるドラマ「ナイト・ドクター」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第5話が、7月19日(月)に放送される。同作は、試験的に結成された夜間専門の医療チーム“ナイト・ドクター”として集められた、年齢も性格も価値観も全く異なる5人の医師たちが、唯一無二の絆を紡いでいく青春群像医療ドラマ。波瑠、田中圭、岸優太、北村匠海、岡崎紗絵がナイト・ドクターとして働く救急医を、沢村一樹が5人の指導医を演じる。


第4話の終盤、成瀬に地方裁判所から郵便物が届く場面が描かれた。第5話では、成瀬が背負う過去が明らかになる。

■注目の第5話では――

美月(波瑠)は、成瀬(田中圭)が訴えられていることを知った。しかし、訴訟の詳細を成瀬が美月に話すことはない。以降、成瀬の態度は以前にも増して美月に冷たくなる。患者の治療も、少しでも美月がもたついていると成瀬が奪ってしまう。

美月だけでなく深澤(岸優太)らも成瀬の変化を感じていた。本郷(沢村一樹)は後輩を育てるつもりはないのかと成瀬に聞くが、自分が処置した方が確実だと譲らない。これでは救急医としての腕を磨けないと美月は、昼間の非常勤救急医の応募病院を調べ始めた。

そこに、ホットラインが鳴り、母親の越川法子(紺野まひる)に付き添われた男の子・日向(正垣湊都)が運び込まれる。美月と幸保(岡崎紗絵)が処置に迷っていると、またも成瀬に奪われてしまう。日向は一命を取り留めたが、法子を安心させようと「絶対に助ける」と言った深澤に、成瀬は患者や家族の前で二度とその言葉を口にするなと手厳しい。

美月は八雲院長(小野武彦)に成瀬の訴訟について詳しく聞き、成瀬が以前手術を担当した子どもの母親に訴えられていることを知る。その母親・秋山真紀(山本未來)が病院を訪ねて来たため、成瀬が訴訟を抱えていることが病院スタッフにも知れ渡ってしまう。

――という物語が描かれる。

公式HPなどで見ることのできる予告動画では、成瀬を訴えた女性の家を成瀬自身が訪ね、スーツ姿で頭を下げる姿が。さらに、深澤に対して成瀬が「医療に絶対はない」と語気を荒げるシーンや、成瀬の回想シーンも映し出されている。

ドラマ「ナイト・ドクター」第5話は、7月19日(月)夜9:00からフジテレビ系で放送。