比嘉愛未が主演を務めるドラマParavi「にぶんのいち夫婦」(毎週水曜深夜0:40-1:10、テレビ東京系)の第6話が7月14日(水)に放送される。本作は夏川ゆきの原作、黒沢明世漫画の同名作を実写化した“ざわハラ”ラブストーリー。

結婚2年目で32歳の主婦・文(比嘉)は、イケメンで誠実な夫・和真(竹財輝之助)と誰もがうらやむような新婚生活を送っていた。しかしある日、文は和真のスマホに届いた見知らぬ女性からの意味深なメッセージを目にし、和真に浮気疑惑が生まれる。文は不安を抱えながらも浮気相手から夫を取り戻すべく、文は証拠探しに動き出す。

イケメンで誠実な文の夫・和真役は竹財が演じる。また、達観していてつかみどころのない青年で、文と同じコールセンターでバイトしている大学生・樋口亮役を坂東龍汰が、文、樋口と同じコールセンターで働く小倉真奈美役を安倍乙が担当する。

そして、文と和真が知り合うきっかけを作った畑野さやか役黒川智花を、輸入雑貨を扱う商社に勤めるキャリアウーマン・三浦香住役を秋元才加、専業主婦で、夫との結婚生活にある秘密を抱える今井優香役を瀬戸さおりが務める。

■第6話(7月14日放送)あらすじ

和真と顔を合わせたくなかった文は、しばらく母親(佐藤直子)のアパートで過ごすことに。そんな中、樋口から、和真とさとみ(伊藤萌々香)の密会場所を突き止めたと連絡が入る。

ためらいつつも文は現場へ向かい、樋口と一緒に待ち伏せをする。「やっと浮気を疑い続ける苦しみから解放される…」ついに証拠をつかむ時が訪れ、さらに裏切りが文を襲う。

公式ホームページなどで見ることができる予告動画では、樋口が文に「また逃げるんですか?また現実から目を背けるんですか?」と問い詰めるシーンや、「どうしようもなく大好きな人だから」と和真を信じようとする文の姿が公開されている。SNSでは、「予告映像がいつも秀逸」「親友の中に浮気相手がいる?」「本当にさとみかも…」「これ見ると気になって寝れなくなる」などのコメントが上がっている。