虹のコンキスタドールが7月14日(水)、Anniversary EP『RAINBOW SUMMER SHOWER』をリリース。グループ結成7周年記念日に発売となる同作について、メンバーの鶴見萌、大和明桜、桐乃みゆに話を聞いた。

■『RAINBOW SUMMER SHOWER』は全て新曲!

――はじめに、今回のEP『RAINBOW SUMMER SHOWER』がどんな作品なのか教えていただけますか? 虹色=7周年ということで、記念すべきタイミングでのリリースになりますが。

鶴見:『RAINBOW SUMMER SHOWER』は、7周年を迎える虹コンということで7曲、しかも全て新曲で構成されています。アルバムで全部新曲っていうのは多分、今回が初めてなので、すごい豪華な内容となっております。

――すでにお披露目済みの「世界の中心で虹を叫んだサマー」「美味いものファンクラブ」の聞きどころ、ポイントはどんなところでしょうか?

桐乃:「世界の中心で虹を叫んだサマー」は虹コンの今までの夏曲とか歌詞や振り付けが入っていたりとか、虹コンの歴史がギュッと詰まった曲になっているので、ファンの方は「これ、あの曲の振り付けだ」とか「ここの歌詞、あの曲から取ってるんだ」とか、そういう発見ができると思います。そう考えると面白くて、エモい曲なのかなって思います。

鶴見:今までの夏曲は男女の恋愛模様…進んだり、停滞したり、後退したりみたいなのを描いてきてたんですけど、今年の「セカチュー(世界の中心で虹を叫んだサマー)」に関しては「なんたってアイドルなんですっ♪」って、「アイドル」っていうワードが初めて入った曲で。

今までは男の子と女の子の恋愛模様を、私たちとファンの方に当てはめて聞くみたいな感じで描かれてたのが、突然「アイドル」っていう単語が入って。「なんたってアイドルなんですっ♪ マイク持っちゃえば笑顔で」って、自分たちのことを歌い始めたっていうところが、「これが集大成!」っていう感じの曲になったんじゃないかなって思ってます。

ファンの方に歌ってるパートもあれば、2番のサビはメンバーからメンバーへの気持ちを歌ってたりするパートもあって、今までとはガラっと変わった曲になってます。

大和:「美味いものファンクラブ」は全農さんとのタイアップ曲の第2弾なんですけど、これはヒャダイン(前山田健一)さんが作詞・作曲してくださって、“ザ・虹コン!”みたいな曲です。大塚望由が戻ってきてから、また新たに虹コンらしい曲を出せたかなって思っていて。歌い方とかもメンバーそれぞれ凝ってて、もえ先輩(鶴見)が張り切って歌ってます。

鶴見:そうですね! 食べるのが大好きなので、この曲を頂いたときに「私の曲が来たな!」と思って、全部私がパートをもらうつもりで作りこんできました。

大和:ライブ中のもえ先輩がすごい張り切ってます(笑)。

桐乃:この曲のとき、とても生き生きしてて、毎回歌い方とかを楽しみにライブ中聞いてます。聞いてますっていうか、私も踊ってるんですけど楽しみにしてますね。

鶴見:この曲、楽屋で声出ししてるときが1番楽しいです。

大和:楽屋で「三度の飯より勝るものはなし この世に生まれて やったー!」って。「別に声出ししなくてもいいんじゃ?」って思いながら、いつも聞いてるんですけど。すごい言いたいんだろうなって思って。でも元気出ます、もえ先輩が声出ししてると。

鶴見:そこでみんな、毎回ドッと沸いてくれるからうれしいです、楽屋で。

――楽屋の雰囲気を良くしてくれる曲なんですね。

鶴見:これが全農さんとのタイアップ曲っていうところが、また良いなと思ってて。全ての殻を破っていくような、パンチのある曲ができて、とてもうれしいです。

■メンバーにとって思い入れが深い曲になった「夢の輪郭」

――その他の楽曲で、皆さんが特に気に入ってる曲は何ですか?

桐乃:「君色ラテアート」っていう曲が、女の子が好きな人に甘える感じとか、ちょっと嫉妬してる心を歌ったりしてる曲なんですけど、この曲をレコーディングしているときに「もうちょっとかわいく歌って」とか「ちょっとブリっ子めで歌って」とか言われて。

私はかわいい曲と格好良い曲だと、どっちかというと格好良い曲の方が自分の中では得意だなと思ってたので、こういうかわいい曲に初めて挑戦したんですけど、本当に難しくて。でも、出来上がったものを聞いたら、メンバーの中村朱里さんの声がこの曲にピッタリで。

あかりんセンパイ(中村)の声っていつもかわいいなって思ってるんですけど、この曲を聞いた途端にあかりんセンパイのファンになったというか、それくらいかわいくて。心を射抜かれてしまったというか、だからファンの方もこういうかわいい曲をライブでやったときに「うわ、かわいいっ!」ってなってくれるのかなって、今からライブで披露するのが楽しみな曲です。

鶴見:あかりん、めちゃくちゃ気合入れてたからね、この曲。

桐乃:そうですよね。

鶴見:絶対に歌いたいっていう箇所がいくつかあったらしくて、それのためにすごく気合入れて臨んでました。「取れるかな?」って言ってたところが実際に取れてて、その歌割が来た瞬間に「おめでとうございます!」って、あかりんにLINEしました。歌詞に惚れたって言ってました。

大和:私は「ジャスナウ!」っていう曲の他に、実は「雨上がり、虹はかかる」も結構好きで。この曲はSHE IS SUMMERのMICOさんが作詞してくださって、作曲がヤマモトショウさんなんですけど、「私のアイドル人生を見てたのかな?」っていうくらい歌詞が自分にしっくり来てて。

「夢みたく上手くは 進まない毎日に 君からのエール受け取って」っていうところを歌わせていただいてるんですけど、ここはずっと取りたいと思ってて。アイドルやってて、なかなかうまくいかないことがあったんですけど、ファンの皆さんから「アーオ、辞めないでよ」「頑張れよ!」とか応援されてたので、いろいろ思い出しながらレコーディングしました。マイナスも入りつつ前を向いてる感じが「自分と一緒だな」って思いながら、「この曲好きだな!」って思ってます。

鶴見:この曲、届いて聞いたとき泣きました。「何も変わる必要はない 大切なものなら〜」とか「人生は“夢を見る”それだけで生きてゆけるの!」とか、「そんなに手放しで肯定してくれることある?」って思って、歌ってる私たちに力をくれる曲だなって感動しました。

桐乃:自分たちに向けて歌いたい曲。

鶴見:これを私たちが歌うことで、聞いてくださってる皆さんの力にもなれたらなって思います。これを自信を持って歌えるようになりいたいです。

あとは、1番最後の「夢の輪郭」っていう曲が、ヒルネ逃避行、meme tokyo.の​MEWさんに作詞をしてもらった曲で、「タイトルは皆さんで考えてください」って投げていただいた曲で、これはみんなで話し合って決めたタイトルなんですけど、何人かメンバーが意見を出してて、かりんちゃん(的場華鈴)が「ぼくは夢をなぞる 何度でも」っていうところが1番大事なんじゃないかって言ってくれたり、しみこ(清水理子)が「この曲はこういうことを伝えたいんじゃないか」っていうことを言ってくれたり、私が「輪郭」っていう言葉を出したり。

この曲ってグループの方向性と自分個人が思ってる夢とかやりたいこととかって、必ずしも全く同じっていうことはないと思うんですけど、そういうところの違いに悩みつつも、でも「ひとりひとり ひとつひとつ もっている煌きを〜」とか、例えば見る方向とかが「そろえなくても 隣にいたい きみとなら」みたいな歌詞があったりとか、そういう自分とグループとの境界線が曖昧とか、そういうことを歌いたいのかなって思って、境界とかって考えたときに、輪郭がボヤけるとか曖昧になるとかってよく言うなと思って「輪郭」っていう言葉を出させていただいて。

そしたら、その夢とかと組み合わせて「『夢の輪郭』なんてどうかな?」みたいな話になって、このタイトルが付いたので、この曲は結構思い入れが深い曲ですね。メンバーに1からタイトルを考えてほしいって言われた曲は、これが初めてで。前にもメンバーでタイトルを決めた曲はあったんですけど、それとはまた違う形だったので今回。

メンバーにとって思い入れが深い曲になったんじゃないかなって思うし、曲調とかがめちゃくちゃ良くて、メンバーが歌うことによってまた良くなった感じがあって。その結果、EPのトリを務めることになった曲なので、皆さんにも大事にしていただきたいなと思います。私たちが主演を務めるドラマ「カイダン都市伝説〜洒落怖〜」の主題歌にもなっているので、大事にしていきたいですね。

■大和明桜の希望はメンバー全員とデート!?

――そして、虹のコンキスタドール=夏というイメージが強いと思いますが、この夏は何をしたいですか?

桐乃:川でバーベキュー。

鶴見:おぉ! 川行ったよね、1回。

大和:行きましたね。

鶴見:私が川に飛び込むっていう行為をしたくて、でっかい岩の上からパシャンって飛び込むのをしたくて、どうしても。で、あおちゃんを誘って、連れていって、あおちゃんを溺れかけさせました(笑)。

大和:苦い思い出(笑)。

鶴見:私が普通に飛び込んで、普通に生還したから、できるように見えるじゃん? で、あおちゃんが「私もやる」って言って。

大和:泳げないのに…川で溺れかけました(笑)。でも、楽しかった。

桐乃:川でバーベキューって、夏って感じがするから。今、コロナで難しいとは思いますけど、やりたいですね。スーパーで買ったお肉とかいっぱい焼いて、みんなで食べて、ワイワイしたいです。自然を感じながら。

鶴見:私の夢も、ずっと3年くらい言ってるんですけどキャンプ!

大和:夢? やりたいことから夢になってる。

鶴見:そう、行けなさ過ぎて夢になってきたんですけど。キャンプに行って星を見ることなので、みっふぃー(桐乃)の目標と合わせ技ができると思うので、今年こそは!…無理だな(笑)。

大和:私はメンバー1人1人とデートして、写真展のための写真を撮りにいきたいです。5月に個人の写真展を初めて開いて、そのときは今までの写真を出したんですけど、次にやるときには、そのために撮って展示したいなって思うので、夏にメンバーとデートしたいです。夏の終わりごろに写真展をやりたいなって…デートしてくれるかな?

――1番デートしたいメンバーは誰ですか?

大和:中村朱里ちゃん! この前デートして、誕生日でおそろいの物を買ってもらったんですけど。デートの気持ち的にしやすいのはチャンス(山崎夏菜)で。でも、願望としてはあかりんセンパイと1番したいですかね、甘いデート。

――鶴見さん、桐乃さんとはどんなことをしたいですか?

大和:もえセンパイはどこにでも来てくれるので、どこ行こうかな…野外! 牧場とかかな? 牧場に行きたいですね! みんなと屋外で撮りたくて。みっふぃーはどこだろう…水族館かな? 似合いそうなので、そんな願望があります。

――11人とデートって大変ですね!

大和:そうなんです、出費が…(笑)。

鶴見:あかりんのこと、撮ったの?

大和:撮ってないです。「あおちゃん、デート行こっ」って、プライベートな感じだったので。

鶴見:あかりんは、みんなとデート行ってるから。すごい遊びたい気分らしいよ。

大和:そうなんですよね、みんなとおそろいの物を買って。

鶴見:みんなの彼女だからね。

大和:みっふぃーも惚れちゃったんだもんね?

桐乃:ホントかわいくて、ずっと目で追い掛けちゃうような女の子というか。

大和:それは罠にはまってるんだよ。私もそうだから。

■ツアーの見どころはメドレー!

――夏にはツアーもありますが、楽しみにしている事などはありますか?

鶴見:この間、名古屋に行って、お仕事で地方に行くこと自体が1年半以上ぶりだったんですけど、雰囲気が本当に楽しくて。みんなでお泊りするし、新幹線に乗って、それがまたできるって思ったら楽しみですね。

大和:ツアーのメドレーで実家組と一人暮らし組に分かれてユニットを作って、それでメドレーもやるんですけど。

桐乃:あと、最年少組、二十歳組、お姉さん組っていう分け方とか、いろんなグループ分けをしてメドレーを歌うので、新鮮な気持ちで「新しい!」って思いながら見ていただけるんじゃないかなって思ってて。

大和:実家組は年少組ばっかりなんですけど、お姉さん組から1人だけ、もえ先輩が交じってて(笑)。

鶴見:なんだよ!(笑)

大和:それが面白いなって。

鶴見:みっふぃーもだよね?

桐乃:私は二十歳組なので。

鶴見:何でそういう事言うの?(笑)

大和:しかも、その実家組がやる曲もスキップして歌って帰るだけなんですよ。愉快だなって。

鶴見:家族を大事にしてるんだよ!

桐乃:しかも、先陣を切って歩いてくれるんで。

大和:もえ先輩って一人暮らししてそうなのに実家暮らしって…1番好きです! 萌えポイント!!

鶴見:家族仲良く暮らしてるよ。

大和:バーベキューとかしてますもんね?

鶴見:そう。この間は父が妹に誕生日ケーキ作ってて、帰ったら「これ、俺が作ったんだよ」みたいに言われて、「そんなわけないじゃん! 何言ってんの?」って思ったら本当だったらしくて、すごくおいしかった。

桐乃:仲良いの羨ましくて。

大和:ホクホクするので、一生実家にいてほしい。

鶴見:一生、実家暮らしだと思います。しかも、メドレーは2種類あって、どっちを見られるのかっていうのは運次第だと思うので、ぜひ全部来ていただきたいです。

桐乃:全部来てくれたら、両方見られるので。

■根本凪に合宿の楽しさを伝えるのは難しい?

――今までの夏の思い出で、特に印象に残ってる出来事はありますか?

桐乃:私は虹コン加入前にWILL-O'っていうグループに所属してたんですけど、アイドルになるのが夢で、WILL-O'でアイドルになれて、アイドルになってからの夢が「TOKYO IDOL FESTIVAL」に出演することだったんですよ。その「TIF」に2019年の夏に出られて、私「ガンダム」が好きなんですけど、お台場の大きいユニコーンガンダムの前でライブできたらうれしいなって思ってたんです。

そしたら、ガンダム前のステージでライブできて、その瞬間が本当にうれしくて、1番楽しい夏だったなって思えた年でしたね。そのとき、はみ出るくらい人が来てくれた記憶があって。ずっと後ろまでいてくれて、ガンダムの足元から覗いてる人もいたりして、それが本当にうれしかったですね。

「TIF」って好きなアイドルさんがいっぱい出てるので、職権乱用というか(笑)、アイドルさんとお話ししたり、声掛けて写真を撮ってもらったりできて、すごい楽しいイベントですね。虹コンになってからも出たいなって思ってます。

――再びユニコーンガンダムの下で?

桐乃:本当に出たいです! 大きいステージに出られたら、それ以上にうれしいことはないって思ってます。

大和:2018年ごろに「関ケ原唄姫合戦」で“振りコピ厨”になったんです(笑)。ファンの方たちがキレッキレで踊ってたんですよ、それにビックリしちゃって。「何でこの人たち、こんなに踊れるんだ!?」って思って、憧れを抱いちゃったんです。その当時、一緒にいたののた先輩(奥村野乃花)といろんなステージに行って、ファンの方たちを見ながら後ろで振りコピをしてて。アキシブ(アキシブproject)さんとか、らぶどる(愛乙女☆DOLL)さんとか。

砂ぼこりにまみれながら必死で踊ってたのを、今思い出しました。「あのとき、何であんなに“振りコピ厨”だったんだろう?」っていうくらい。日焼けしちゃうのも気にせず、アイドルさんに夢中で振りコピをしてたのが夏の思い出です。多分、1番アイドルに興味津々だった時期なんじゃないかなって。

鶴見:ちょっと怖かったもんね、「次、あそこ行っていいですか?」とか。

大和:多分、1番オタクだった時期だと思います。その関ケ原が終わった後も、アキシブさんの「真夏のセレナーデ」の踊りを必死に覚えて、対バンするたびに後ろで踊ってました。めっちゃオタクだったなって思い出しましたね(笑)。

――今のめり込んでるアイドルはいらっしゃるんですか?

大和:今は振りコピというより、歌詞でド直球に伝えるアイドルが多いじゃないですか。すごいエモいので、振りコピしてる場合じゃないんですよね。歌に聞き入って、ジーンって来るアイドルが多いですね。

昔は「みんな、騒げー!」って感じだったんで。コロナ禍になってからあんまり騒げなくなったので、振りコピはしなくなっちゃいましたね。悲しい…また騒げるようになったら、やりたいんですけどね。厄介オタですね(笑)。

鶴見:私はこの間ふと思い出したのが、高校1年生のときの夏の合宿で。硬式テニス部だったんですけど、そのときに夏の合宿に行ったのを思い出して。それが何でかっていうと、虹コンで今「未来に向けてパフォーマンス力を上げたい」みたいな話をしていて。いろいろやるとしてもツアーの後からなんですけど、それの一環として「ついに合宿やっちゃう!?」って話が出てて。

ずっと何年も「合宿をしてみたい」っていうのがメンバーの間から上がってたんですけど、それが遂に実現するかもしれないみたいな話になってて、そのときに「昔やったな〜」って思い出して。私は中学から硬式テニス部で、合宿にもガンガン行って楽しいっていう記憶があるので、「合宿やろうよ! 楽しいよ!!」って言うんですけど、虹コンのメンバーって体育会系があんまりいなくて、みんな合宿というものに対する怯えがすごいんです。

「合宿やろうよ!」っていうメンバーもいるんですけど、一方で「えっ…」みたいな、もう死んじゃうみたいな顔をしてるメンバーも何人かいて。その子たちに「合宿ってそんな怯えることじゃないし、めっちゃ楽しいんだよ!」っていうことを伝えたくて。私が高校生のときの合宿は、もちろん練習はしますけど、私たちってパフォーマンスを「つらい」「しんどい」だけでやってるわけじゃないから、練習もつらいものであるはずがないんですよ。

テニスでも練習は別につらくなかったし、体力的な厳しさはありますけど。はちみつレモンを作って、みんなで朝持っていくとか、夜みんなで話すとか、全てが青春でキラキラしてて、楽しいもののはずなんですよ。それを思い出して、ちゃんとメンバーに伝えて、怖がらせず楽しい合宿を実行に移したいと思いますね。多分、夏終わりですけど。そんなわけで、昔を思い出してました。

――合宿の楽しさを伝えるのが難しそうなメンバーは誰ですか?

鶴見:根本凪!

大和:そうですよね。

鶴見:1番嫌な顔をしてるのは根本凪ですけど、でもどうなんだろうね? 他は…。

大和:チャンス(山崎夏菜)は家に帰りたい!って言いそうですね。

鶴見:家が大好きだからね。

大和:合宿しても、練習より遊んじゃいそうだなって思っちゃう(笑)。

鶴見:いやいや、それはないでしょ! どうせやるんだったら配信とかで、ファンの皆さんに見てもらいながらやるわけだから。

大和:いやー、すぐ疲れるところを見られちゃうな…。

桐乃:「頑張れ!」って応援してもらえるよ。

鶴見:それで、日に日に体力がついていったりとか、成長を見てもらえれば。いいの、最初はできなくても。

桐乃:ファンの方は成長を見たいんですもんね。

鶴見:すごい渋々じゃん(笑)。

桐乃:私は賛成なんですよ! そういうのがないと変われるチャンスというか、グループが良くなるチャンスってなかなかね。こういう合宿とかで育っていくのかなって思うので。私、家で猫を飼ってるんですけど、会いたくなっちゃうので帰りたいかもしれないです(笑)。遠征で1泊2日とかでも、すぐ帰りたいというか、猫に会いたくなっちゃうので、猫持参でOKなら。猫アレルギーのメンバーっていないですかね?

大和:しみこがそうじゃなかった?

桐乃:あっ、じゃあダメだ。

大和:メンバー、ペット大好き率がすごい高いから、絶対すぐ「帰りたい!」って言いそうだなって思います。

鶴見:じゃあ、みんなでペットと一緒に勢ぞろいしよう!

■「『次、虹コンはどういう方向に行くんだろう?』っていうのを楽しみに待っていてもらえたら」

――7周年イヤーに向けた意気込みをお願いします。

鶴見:虹コンは今回のEPとツアーで、今までの7年間の集大成っていうものを見せようとしていて、虹にとって“7”は大事な数字なので、「世界の中心で虹を叫んだサマー」だけ見ても分かると思うんですけど、「虹コンの物語が、ここで一区切りつくんだな」っていうものがひしひしと感じられてると思います。

このアルバムの7曲の内容もそうですし、ツアーの方向性とか今回メンバー全員で「どういうテーマにするか?」「どういうことを伝えるか?」みたいなところから1から考えたんですけど、やっぱり虹コンの集大成というか、「今の虹コンの最高を見せよう!」「詰め込もう!」ということになって、今までの歴史が感じられるセトリになってたりして、本当にこの夏しか見られない最高の虹コンがこのEPとツアーに詰まってると思うので、「この夏だけは見逃しちゃいけないよ!」っていうことを伝えたいです。

あと、この先「一区切りついた後、どうなるの?」って思ってるファンの方もたくさんいると思うんです、ちょっと不安に思ってたりとか。その先のことも最近、「ああしたい!」「こうしたい!」とかメンバーやスタッフさんと話し合ってて。やっぱり、新メンバーが2人入って、あとオーディションからも新しいメンバーが入ったりとかで、また色が変わっていくと思うんですけど、それも含めより良い虹コンになるために。

まだ全然どうなるか分からないんですけど。でも多分、水着は着るんだろうなっていう話はしてるけど、いつもどおりの夏にはならないと思うし。絶対楽しい、良い方向に進むと思うので、「次、虹コンはどういう方向に行くんだろう?」っていうのを楽しみに待っていてもらえたらなって思います。

大和:そうですね。7年も続けてるアイドルって最近なかなかいなくなってきてる、解散してるアイドルも多い中、7年続けてるっていうのが私的にすごいなって思うし、ファン目線からありがたいなって思うんですよ、「こんなに続けてくれてて」って。アイドル界では多分、虹コンの名前は聞いたことがある人って多いと思うんですよ。

だから、私的にはアイドル好き以外の方にも、「聞いたことある」って思ってもらえるようなグループになっていきたいですね。虹コンって「アイドルの中で、もう7年なんだ!」って思われてそうで。今、新しいアイドルが増えてるので、埋もれないように一般的な認知をつかんでいきたいなって思いますね。

――それに加えて、「三角形〜♪」の人たちって覚えられてるんじゃないですか?

大和:そうですね!

鶴見:最近は「三角形」を封印することも増えてきてるし。

大和:今は「ずっサマ(ずっとサマーで恋してる)」をはやらそうとしてます。

桐乃:あの曲、すごい好きです。初めて(虹コンと)対バンで聞いたときに、「何だ、この曲は!?」って思って、家に帰ってからずっと聞いてました。

大和:私のパパも歌ってるわ。

桐乃:覚えやすいし、キャッチーで本当に良いんですよね。最近入った私から見ても「本当に良いグループだな」ってファン目線で思うので、いろんな人に知ってもらって、好きになってもらえたら良いなって思うので、活動を頑張りたいと思ってます!