「金曜ロードショー」(日本テレビ系)では、映画「竜とそばかすの姫」(7月16日[金])の公開を記念して、3週連続で細田守監督作品を放送。7月2日に放送された「おおかみこどもの雨と雪」(2012年)、9日に放送された「バケモノの子」(2015年)に続き、16日(金)の放送では「サマーウォーズ」(2009年)が放送される。

細田監督は映画「竜とそばかすの姫」を「いろんな過去作品の連続性上にある」と語っており、特に「サマーウォーズ」は予告編などからも共通点があることが分かる。そこで公開&放送を前に、2作の共通点を紐解いていく。

■主人公が高校生
「サマーウォーズ」の主人公・小磯健二(CV:神木隆之介)も、「竜とそばかすの姫」の主人公・すず(CV:中村佳穂)も高校生であり、意外にも、細田監督作品で高校生が主人公になるのは「サマーウォーズ」以来となる。

それぞれの主人公は高校生ならではの悩みを抱え、仮想世界に接することで物語が動き出していく、という点が共通点となる。

■インターネット上の「仮想世界」と“謎の存在”
「サマーウォーズ」では“OZ”、「竜とそばかすの姫」では“U”という、仮想世界が舞台となっているのが最大の共通点だ。また、仮想世界の参加者を「サマーウォーズ」の“OZ”の世界では“アバター”、「竜とそばかすの姫」の“U”の世界では“As”と呼んでいる。

「サマーウォーズ」の公開は今から12年前であり、まだインターネットも今ほど身近なものではなかった。しかし、その後、同作で描かれた“ネット上での問題”は、現実のものとなりつつある。「サマーウォーズ」の公開から12年たち、よりインターネットが身近になった今、「竜とそばかすの姫」では、どのような「仮想世界」での物語が描かれるのだろうか。
そして「サマーウォーズ」では、主人公の健二をかたる正体不明のアバター・“偽ケンジ”が現れ、仮想世界だけでなく現実世界もめちゃくちゃにしていく。一方、「竜とそばかすの姫」でも横暴に振る舞う正体不明のAs・“竜”が現れ、その正体探しが始まるという点で共通している。


■仮想世界のクジラ
「サマーウォーズ」の“OZ”では、クジラの姿をした守り主、“ジョン”と“ヨーコ”が登場しているが、「竜とそばかすの姫」の予告編でもクジラが登場する。

また、クジラは「バケモノの子」でも重要なシーンで登場するなど、クジラは細田監督作品ではおなじみのモチーフとなっている。「竜とそばかすの姫」のクジラはどんな活躍をするのだろうか。

■“キングカズマ”のキャラクターデザイナーが手掛ける新キャラクター
「竜とそばかすの姫」に登場し、声優の宮野真守が2役を演じる、人気Youtuberの“ぐっとこらえ丸”と“ひとかわむい太郎”のキャラクターデザインは「サマーウォーズ」の人気キャラクターである“キングカズマ”と“仮ケンジ”をデザインした岡崎能士と岡崎みなが担当している。

また、「竜とそばかすの姫」の“As”として「サマーウォーズ」の“アバター”が登場しているという。


■映画「竜とそばかすの姫」あらすじ

自然豊かな高知の村に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界“U(ユー)”に参加することに。

“U(ユー)”では、“As(アズ)”と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。現実では歌えないはずのすずだったが、“ベル”と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、ごう音とともにベルの前に現れたのは、“竜”と呼ばれる謎の存在だった。