現在放送中のアニメ「キングダム 第3シリーズ」(毎週日曜深夜0:10、NHK総合)の原作者・原泰久と劇伴を制作した澤野弘之、KOHTA YAMAMOTOによる鼎談(ていだん)が実現。同企画は7月21日(水)発売のサントラのブックレットに収録予定で、一部が7月15日発売の週刊ヤングジャンプ33-34号(合併号)に掲載されることがわかった。

同作は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の原による漫画「キングダム」が原作。春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(CV:森田成一)と、後の始皇帝となる若き王・エイ政(えいせい)(CV:福山潤)の活躍を描く中華戦国大河ロマン作品だ。第3シリーズでは「キングダム」史上最大規模の戦いといわれる合従軍編が描かれている。

同作の劇伴制作は、原からの熱いオファーにより実現しており「アニメ『キングダム』のサントラを聴きながら毎日原稿を描いている」という原と、数々の作品でタッグを組んでいる澤野とYAMAMOTOとの鼎談というコラボレーション企画となっている。

■原作者・原泰久、サントラを絶賛!

鼎談では、原のお気に入り楽曲や制作過程、楽曲に込めた想いなどが語られている。収録曲のメインテーマ「KINGDOM-DUE」について、「メロディの展開がどんどん広がる曲で、ずっと聴いてしまいます(笑) 激情、躍動という物語のテーマに、歌声が入っていることで儚さも感じ、人間讃歌に聴こえます」と絶賛した原。それを受け、澤野は「自分の楽曲のメロディの展開が多いのは、過去の経験を経て自然と身に付いたのかも」と語った。また、計67曲の楽曲を描きおろすにあたり、信頼するYAMAMOTOとの共作を望んだことも明かされた。

7月15日発売の週刊ヤングジャンプ33-34号(合併号)には、この鼎談の一部と、原作「キングダム」連載15周年を記念した「15の質問」企画が掲載となり、サウンドトラックと3名の魅力が詰まった内容となっている。さらに、7月16日(金)に発売となる「キングダム 公式ガイドブック 第3弾 戦国七雄人物録」では、原と澤野が対談。原と「澤野の音楽」との出会いや好きなところなど、濃密な対談企画となっている。