韓国の人気俳優コン・ユとパク・ボゴムが共演する映画「SEOBOK/ソボク」が7月16日(金)の公開日に先立ち、パク・ボゴムが撮影で着用した衣装を展示する衣装展の開催が決定。


余命宣告を受けた元情報局エージェント・ギホン(コン・ユ)は、死を目前にし明日の生を渇望する。そんな彼の元に国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン・ソボク(パク・ボゴム)を護衛する任務が舞い込む。しかし任務早々に襲撃を受け、なんとか逃げ抜くもギホンとソボクは2人だけになってしまう。 危機的な状況の中、2人が衝突を繰り返すも、徐々に心を通わせていく中、人類の救いにも、災いにもなり得るソボクを手に入れようと、闇の組織の追跡は更に激しくなっていく。

■主演を演じるのは韓国のスター2人
死を目の前にした元情報局エージェント・ギホンを演じるのは、「新感染 ファイナル・エクスプレス」「82年生まれ、キム・ジヨン」など出演作を必ずヒットに導く韓国映画界を代表するスター、コン・ユ。元情報局エージェントとしてよどみないアクションを完璧にこなすと共に、ソボクと出会って変化するギホンの内面を繊細に描き出し、トップスターの底力を見せつけている。
人類初のクローン・ソボク役には⻘春スターとして圧倒的な人気を誇るパク・ボゴム。生まれて初めて実験室から出て、真の世界と出会ったソボクの天真爛漫な表情から自身を狙う勢力に向ける鋭い目つきに至るまで、刻々と変わるソボクの感情を見事に表現し、これまで見たことのない強烈な姿を披露している。
「建築学概論」のイ・ヨンジュ監督が9年の時を経てメガホンをとった本作は、本国で2021年最大の話題作として注目を浴び、初登場でランキング1位を記録。 “死ぬことのない”クローンと“死から逃れられない”男。対極の定めを生きる2人が、互いのために宿命に抗い、行き着くクライマックスとは。

■衣装展が日本でも開催
今回、本作の日本公開を記念して、ソボク(パク・ボゴム)が撮影で実際に着用した衣装が、韓国より日本に上陸。クライマックスシーンでソボクが着用したもので、激しいバトルを物語るボロボロになったリアルな衣装となっている。
衣装展は7月16日(金)-7月25日(日)から大坂・梅田ブルク7で、7月28日(水)-8月9日(月)から東京・新宿バルト9にて開催予定。