上白石萌音、深津絵里、川栄李奈がヒロインを演じる2021年度後期の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の新キャストが発表された。同作は、昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代の女性の物語。脚本は藤本有紀が担当する。

今回発表されたのは、二代目ヒロイン・雉真るい(深津)をとりまく出演者たち。るいの物語は、昭和37年の大阪から始まる。安子(上白石)の娘として雉真家に生まれ、18歳まで岡山で育ったるいは、“自分らしく自由に生きていきたい“と願い、岡山を飛び出し、大阪へ。ひょんなことからクリーニング店を営む夫妻と出会い、住み込みで働きながら新しい生活を始める。

るいが働くクリーニング店に客として訪れる謎の男・大月錠一郎(通称“ジョー”)をオダギリジョー、錠一郎にほれている女子大生・通称“ベリー”を市川実日子、クリーニング集配に訪れるるいにちょっかいをかけるミュージシャン・通称“トミー”を早乙女太一が演じる。

ほか、村田雄浩、濱田マリ、近藤芳正、笑福亭笑瓶の出演が決定した。

■ヒロイン・深津絵里のコメント

この作品でしか出会えないような、めちゃくちゃ素敵なキャストの皆さんと昭和30年代の大阪を一緒に生き抜いていくことができるなんて。楽しみで、楽しみで、楽しみで。待ちきれません。大変な時代の中育ててくれた母のこと、ずっと見守ってくれた岡山のみんなの思いを胸に藤本さんの素晴らしい脚本をきちんとお届けできるよう、一生懸命務めさせていただきます。