7月16日(金)より、福岡・博多座で舞台「羽世保スウィングボーイズ」がスタート。博多華丸が主演を務め、物語の重要な鍵となる“タップダンス”や“和太鼓”のパフォーマンスを織り交ぜながら、九州の架空の港湾都市・羽世保(はせぼ)を舞台に、造船会社「羽世保造船」で巻き起こるさまざまな逆境に立ち向かう社員たちの姿や家族愛を描く。

華丸が演じる主人公・五代剛は羽世保造船の溶接工。五代は2人の子供を育てながら、市民フェスティバルでの入賞を目指して和太鼓部の練習に日々精を出していたが、羽世保造船の吸収合併や子供たちとのすれ違いといったさまざまな困難に直面するという役どころとなっている。

そんな「羽世保スウィングボーイズ」について、娘の栞を演じる大場美奈(SKE48)と、五代の後輩・丸本淳平を演じる斉藤優(パラシュート部隊)にインタビュー。後編では、それぞれの役柄にあるという“ロマンス”などについて話を聞いた。

■2人が演じる役柄それぞれにロマンスが

――斉藤さんは南沢奈央さん演じる美咲とのロマンスがあるとおっしゃってましたが、もう少し具体的にお聞きしてもいいでしょうか。

斉藤:美咲ちゃんとは会社が一緒で、美咲ちゃんがよく五代の家に出入りしているから、そこに僕がのこのこ付いて行く、みたいな感じです。丸本はもう本当にのんきで、どんどんアタックするんですけど、美咲ちゃんには美咲ちゃんの事情があって。

振られるんじゃないかって思われてるかもしれないですけど、今回は「かませ犬じゃない」っていうことは言っておきたいですね。これまでに出た博多座の3作全部で土下座してるから、福岡の人たちには「どうせ土下座すんだろ」って言われてるんですけど(笑)。

でも、今回はちょっと一味違います。華丸さんも本当に「(丸本が)結構今回大事やね」って言うんですよ。相方(矢野ペペ)にも「今回斉藤がダメだったらダメ」と言ってたみたいで。どんどんプレッシャーになってるんですけど(苦笑)、活躍するので頑張らないとですね。

――今作が解禁された時の情報を見ると、栞にもロマンスがあるようですが。

大場:お父さんに「大事な人を家に連れてくる」というのは告げていて、その大事な日に丸本が家にいるんですよ。美咲が家でご飯を作ってくれているので、家族とその2人とで迎え入れるんですけど、そこでお父さんらしさが発揮されるというか、世のお父さんはきっとこうなるでしょうっていう展開になります。

でも、お父さんもただ頑固なだけじゃなくて、理解しようとしてくれるお父さんで、筋が通ってる人はちゃんと認めてくれるんですよ。ただ、ちょっと筋が通ってないところがあって、お父さんからこれだけは最低限やりなさいって言われたことを、栞はどうしても飲めなくて。

これには大きな秘密があるんですけど、それで「何でできないんだ!?」「できないものはできない!」みたいなけんかが始まって、どうにかお父さんを説得するために、栞は動き始めるんです。

斉藤:主人公の五代には、いろんな問題が次から次へとやってくるんですよね。家族も、娘だけじゃなくて息子のこともあったり。そういう問題を解決していく鍵になってくるのが、タップとか和太鼓なんですよね。

■斉藤「お芝居だけど“何小節で”とかめっちゃ出てくるんですよ」

――大場さんは音楽部分には関わらないということですが、周りの方々のタップや和太鼓の稽古は見ていてどうですか?

大場:タップの方には経験者の方も初めての方もいて、今回のストーリー的に初めての方が役にとってはいいかもしれないんですけど、太鼓はそうじゃないから難しそうですね。華丸さんと斉藤さんは大変だろうなって。指の皮がむけてて驚きました。

斉藤:(薬指と小指の付け根付近を指しながら)こんなところ鍛えたことないからすぐめくれるんですよ。でも、太鼓の先生に「皮がめくれて痛いです」って言ったら「3本(中指、薬指、小指)あるから」って言われて、ローテーションでめくれていって(笑)。今はもう固まってるんですけど、3本同時にダメだった時もありましたね。

大場:あと、歌もありますよね。

斉藤:そうそう。僕、今回歌が結構多いんですよ。

大場:しかも、G2さん的にも重要度が高めで。

斉藤:G2さんは音楽をやられていた方なので、本当に音へのこだわりが強くて。生バンドもありますし、元宝塚の大空ゆうひさんというプロ中のプロの歌もあります。

大場:裏の取り方を教わっている方もいたり、基礎的なことをG2さんが教えてくれてます。

斉藤:だから、お芝居だけど“何小節で”とかめっちゃ出てくるんですよ。俺も1回間が悪くて怒られたんですけど。だから、僕らは大変なんですけど、見ている人は絶対に飽きないと思いますよ。タップ、太鼓、歌が要所要所で入ってくるので。

大場:お芝居を見ていて眠くなっちゃうって人も中にはいるじゃないですか。でも、このお芝居は眠くなる暇がないです。

斉藤:見やすい。すごく見やすい。あと、まだこれは実際に見たわけじゃないんですけど、セットも話を聞いてる限りだとすごいことになると思います!

■大場「女性陣の感動するシーンって、斉藤さんのシーンなんですよ」

――今回のお芝居だからこそ役立っている物ってありますか?

斉藤:華丸さんが全員にタオルを作ってくれたんですよ。博多の困ってるタオル店に発注したいっていう理由で(笑)。やっぱりみんな汗をかきますし、首とか頭に巻いたりしてる人もいますね。

――大場さんは何かありますか?

大場:何だろう…。

斉藤:でっかいカービィ、あれ何入ってるの?

大場:あれは目薬とかです(笑)。

斉藤:席が隣なんですよ。ばりでかいカービィのポーチを持ってて。

大場:最近カービィにハマってて。私の机の周りの人たちは(机の上が)シンプルだから、ピンクのカービィが目立っちゃって。

斉藤:確かにみんな扇子とかしか置いてないもんね。

大場:まぁ私は今回もいつも通りですかね。

――では最後に、舞台を楽しみにしている方々に向けてメッセージをお願いします。

斉藤:前向きに1つずつやっていくことでいい方向へ向かって行くという、まさに今の時代にぴったりな作品だと思います。生きていくのって大変だなってところから、みんなで力を合わせて頑張っていけばいいんだ、今がその時だと、元気になれるお芝居だと思います。

大場:稽古の様子を見てて、自然と拍手したくなる場面がたくさんあるんですよね。リラックスした状態で見てもらいたいです。あと、個人的に一番感動するシーンは、斉藤さんのシーンです。

斉藤:え?

大場:女性陣の感動するシーンって、斉藤さんのシーンなんですよ。

斉藤:またプレッシャーですね(笑)。

大場:めっちゃ悲しくて泣けるんだけど、落ち込んでるシーンじゃないんですよね。斉藤さんが演じている感情と真逆の方向に行くというか、とにかく胸が苦しくなるって女性陣は話しているので、そういうところもぜひ楽しみにしていただきたいです。

斉藤:あのシーンはおじさんタップダンサーからも支持があるのよ、「分かります」って。

大場:女性からもありますよ。やっぱり大事なシーンですね。

――次から意識しちゃいませんか?(笑)

斉藤:意識しちゃうし、萎縮しちゃいます(笑)。