俳優の佐々木蔵之介が7月16日、東京・池袋の東京芸術劇場にて「Team申 第5回本公演『君子無朋(くんしにともなし)〜中国史上最も孤独な「暴君」雍正帝〜』」のフォトコール&取材会に登場。“弁髪問題”などについて語った。

佐々木が主宰し、朗読劇も含め7作品を上演してきた演劇ユニット“Team申”の11年ぶりとなる同公演。ドキュメンタリー番組「中国王朝 英雄たちの伝説」(2020年、NHK BSプレミアム)の中国ロケをきっかけに佐々木が興味を引かれたという、玉座に座ることなく執務室で毎日20時間働くほど勤勉、最期は過労死との仮説が有力視される、埋もれた清の第五代皇帝“雍正帝”の生涯を描く。

脚本は同ドキュメンタリーを制作した阿部修英、演出は劇団桟敷童子の主宰で、ドラマ「めんたいぴりり」の脚本でも注目された東憲司が務める。出演は他に中村蒼、奥田達士、石原由宇、河内大和ら。

■佐々木蔵之介、中国史上最も孤独な「暴君」雍正帝に魅了される

取材会が始まると、開口一番「緊急事態宣言中に取材に来てくださってありがとうございます」とあいさつした佐々木。「昨年(2020年)頭ですか、コロナ禍になる直前にNHKの番組で取材して、何ともユニークな独裁政治をしていて、これをドラマや映画など作品にすれば面白いと思ったんですがそんなに簡単ではなく(笑)。仕方なくTeam申でやることに…でもだからこそスピーディーにできたと思います」と、同作上演の経緯についてコメント。

脚本を手掛けた阿部も「雍正帝は『暴君』ということで、最初は距離を感じていた蔵之介さんが、だんだん共感していく様子が見えて、後半はもう蔵之介さんの顔で雍正帝の顔がイメージできていました(笑)」と太鼓判。

■役作りは「ビジュアル的には弁髪問題には苦労してます(笑)」

現地取材では暴君・雍正帝にすっかり魅了された様子で、「例えば『麒麟が来る』(2020年、NHK総合ほか)の秀吉役のときは、役を頂いてから自分でいろいろなものを調べてどんどん作っていくのですが、今回は先に中国に行って、現地でここに1日20時間こもってたとか、雍正帝が生涯で出かけたのは北京のこの辺りまででしかないとか、そういうことを体感してから作品にしたので、役作りも今までとは違う感覚ですね」という佐々木。

「皇帝は遠いけど現代的でもあるなと思って演じてるんですが、ビジュアル的には弁髪問題には苦労してます(笑)。大河ドラマやってるときからずっと研究してるんですけど、今もまだ模索中で…帽子のかぶり方や所作も探り探りで」と、日本ではなかなかない中国皇帝役に苦戦しながら楽しんでいる様子だった。

Team申 第5回本公演『君子無朋〜中国史上最も孤独な「暴君」雍正帝〜』は、7月17日(土)〜25日(日)まで東京芸術劇場 シアターウエストにて上演。仙台、石川、広島、福岡、長野、新潟、そして8月17日(火)~29日(日)まで京都府立文化芸術会館で上演。

◆取材・文=坂戸希和美