7月23日(金)放送の「最強大食い女王決定戦2021〜現女王やレジェンド、新世代が頂上決戦SP」(夜8:00-9:48、テレビ東京ほか)では、現女王のアンジェラ佐藤を筆頭に、大食いレジェンドの“魔女”・菅原初代とロシアン佐藤、大食い新世代の“はらぺこツインズ”・小野かこ、小野あこ姉妹、“令和最強の新人”・海老原まよいなど15人が集結し、“史上最強女王”の称号を目指して激突する。

同番組のMCを高橋みなみが務め、進行役にはパンサー・向井慧、大食い解説にはジャイアント白田が登場。さらにパンサー・菅良太郎、尾形貴弘もゲストとして番組を盛り上げ、グループリーグ戦では河北麻友子、決勝戦には本仮屋ユイカがゲストとして見守るなか、接戦が繰り広げられる。

まず、出場者15人を抽選で「肉」「米」「魚」の3つのグループに振り分け。それぞれのグループは、制限時間45分で対戦し、各リーグ第1位の選手のみが決勝へ進出できるサバイバル戦になっている。