小栗旬主演で2022年放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK総合ほか)へ出演予定だった辻萬長が病気療養のため出演を辞退、代わりに浅野和之が出演することが分かった。
三谷幸喜が脚本を務める同ドラマは、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男・北条義時(小栗)と、そんな彼を中心に鎌倉幕府将軍“鎌倉殿”を支えた13人の家臣団の姿を描く。

辻の出演辞退に対し、NHKは「ご回復を心よりお祈り申し上げます」とコメントを発表した。

浅野が演じるのは、義時の祖父で、新垣結衣演じる八重、竹財輝之助演じる伊東祐清の父・伊東祐親。八重が頼朝(大泉洋)と密かに結ばれたことに激怒し、頼朝を追い詰めるという役どころ。厳しく、強い伊豆国の豪族を演じる。

※「辻萬長」の「辻」は正しくは「一点しんにょう」