中川大志が主演を務めるドラマ「ボクの殺意が恋をした」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第3話が、7月18日(日)に放送となる。

同作は最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(中川)が、秘密をかかえる暗殺ターゲットのヒロインで人気漫画家・鳴宮美月(新木優子)を殺すどころか恋してしまうことになるという、殺意と恋が入り混じるスリリングラブコメディー。

柊の育ての親で清掃会社を経営しているが、実は“殺し屋”を裏家業としている男虎丈一郎を藤木直人が演じる。また、ある組織から依頼を受けて美月の殺害に携わることになる殺し屋界のエース“デス・プリンス”こと八乙女流星を鈴木伸之が、美月のチーフアシスタントの水瀬千景を田中みな実が、美月の担当編集者の風岡樹生を中尾明慶が、殺し屋組織の責任者である綿谷詩織を水野美紀がそれぞれ演じる。

■第3話あらすじ

第3話では――

殺しのターゲットの美月(新木優子)と初恋の人・葵の面影が重なり、思わずときめいてしまった柊(中川大志)。彼は、丈一郎(藤木直人)のあだである美月を殺さなければならないと気を引き締める。

そんな中、映画化される「ハリネズミ探偵・ハリー」に、流星(鈴木伸之)の出演が決定し、美月の仕事場に流星が訪れる。柊は、流星が美月を殺しに来たのではないかと警戒する。
流星は、忙しい美月たちを慰労したいとグランピングに誘う。「のんきにグランピングなんかしてる場合じゃないだろ!」「あなたは黙って私を守ってればいいの」柊は、流星が何かたくらんでいると察して美月を止めるが、彼女は聞き入れない。

開き直った柊は、グランピングに行って流星より先に美月を殺すと決意する。

そして、グランピング当日。美月は風岡(中尾明慶)、千景(田中みな実)、江村(永田崇人)、真希(小西はる)、柊を連れて行く。みんなが慰安旅行だと盛り上がる中、柊は虎視眈々(こしたんたん)と美月を殺すチャンスを狙う。人気のない場所に美月を連れ出し、ロープで首を絞める。それが、柊の計画だった。

流星は、豪華な料理で美月たちをもてなす。美月と流星に目を光らせていた柊は、千景に迫られて困惑。柊が千景に気を取られているうちに、流星が美月を散歩に連れ出していた。

柊は風岡に無理やり買い出しに駆り出され、二人を追いかけることができない。隙を見て買い出しから逃れ、流星と美月の行方を必死に追う柊。彼が流星を見つけた時、すでに美月の姿はなかった。

「鳴宮美月はどこだ!?」流星に迫る柊。そして柊と流星は、激しい格闘を繰り広げる。

――という物語が描かれる。

ドラマ公式サイトなどで公開されている予告動画には、柊が「俺が守ってやるよ!」と美月に伝える場面が。また先行カットでは、柊が流星と睨み合うシーンもあり、恋と殺意に揺れる様子がうかがえる。