毎週ゲストとお酒の席で盛り上がるトークをする「人志松本の酒のツマミになる話」 (フジテレビ系)。7月16日の放送では、自分にとってのパワースポットについて盛り上がった。

■後藤輝基、松本人志宅の豪華さに衝撃…

フットボールアワー・後藤輝基は、若い頃、かつて松本人志が住んでいた一軒家がパワースポットだったという。

「松本さんに飲みに連れて行ってもらってて、『家で飲もうか』っていうことになって、家に連れてってもらったんですよ。東京のど真ん中、めちゃめちゃええところ、ドーン建ってて、表からは中の様子が一切分からない。入口が家の建物の横から入って奥の方にあるみたいな。要塞みたい」と、当時、松本が住んでいた家のスゴさを語った。

続けて、「こんな家、スーパースター住めるんか言って入ったら、サンドバッグが駐車場のところにあって」と言うと、松本が「日の丸吊ってある」と補足、フットボールアワー・岩尾望が「長渕(剛)の家ですか?」とツッコんだ。

また、「『リビング2階やから』言うて、階段上って行ったら、真っ黒なシャンデリア。シャンデリアのガラスが黒なんですよ。それも一流メーカーのバカラ。真っ黒なのに明るいという矛盾。とんちみたいなシャンデリア」と解説してスタジオ一同を笑わせた。

■松本人志の家から“落ち葉”を持ち帰り…

そして、「『夢あるな』より、むしろ『夢は途絶えた』みたいな。こんな家に俺は住めるわけはないんだろうと思って。で、『ちょっとタバコ吸いに行っていいですか?』って言って、ベランダの2階にウッドデッキがあって、1階からウッドデッキを通り越して木が生えてる。『おしゃれやなあ、こんな家絶対住むぞ!』ってパッと下見たら、落ち葉が1個落ちてた。それ取って、未だにその落ち葉持ってんねん」と明かすと、スタジオ一同が「えーっ!」と驚いた。

そこで、「それをラミネートにして、神棚に飾ってんねん」と得意げに自慢、松本が「それを俺に黙っとくって…その落ち葉でええことあったん?」とツッコむと、後藤は「仕事は忙しくなり…当時はそんなに忙しくなかったんですよ。それでよくなったのかな。まだそんな家には住めてないですけど。一応、北村弁護士に『落ち葉盗んでも大丈夫ですか?』って聞いたら『大丈夫!』って言うてました」とオチを付け、スタジオ一同を笑わせていた。