V6が7月17日放送の「音楽の日2021」(昼2:00-夜9:54、TBS系)に出演。夜6時台で「MAGIC CARPET RIDE」をパフォーマンスしたほか、夜8時台に再び登場し、ヒット曲「WAになっておどろう」を披露した。同番組は、11年連続で中居正広と安住紳一郎アナウンサーが総合司会を務める音楽番組。今年は、「Wa!」をテーマにおよそ8時間にわたって生放送されている。

6時台の出演では、番組テーマにちなみ、中居から「グループとしてWaを感じる時間」を尋ねられた坂本昌行は、「岡田(准一)が写真を撮ってくれるんですよ」と、楽屋などで岡田がメンバーの写真を撮っていることを明かし、それで自然に輪ができると話した。

そんな岡田は、中居から、結成から一度もメンバーチェンジがなかったことに触れられると、「ありがとうございます。仲良くやってます」と少し微笑みながらうなずいた。

三宅は、「本当にファンの皆さんがいてくれたから。今日も生放送でつながってる」とファンに向けた感謝の気持ちを表し、森田は、「テレビを通じて自分たちのパフォーマンスを見ていただくのが嬉しい」と話した。

ここまで、V6の歩みを振り返るような問いかけをしていた中居だったが、長野博には「今日、朝ごはん何食べた?(笑)」と質問、笑いを誘うシーンも。

8時台では、全国5カ所(宮城、和歌山、愛媛、熊本、赤坂)を中継で結び、地元の人々と合唱。11月に解散することを発表しているV6は、今回がグループとしてラストの「音楽の日」出演となる。

大規模な中継を前に、井ノ原快彦は「この曲でひとつになりたいと思っています」とメッセージ。「フルサイズで歌わせていただくのはもしかしたらテレビでは初めてかもしれない」と言うと、中居も「最後にふさわしいステージではないでしょうか」と言葉を贈った。

パフォーマンスでは6人と全国5カ所が笑顔で「WAになっておどろう」を大合唱。終わったあと、井ノ原は「中継でもこんなにひとつになれるんだってことがわかりましたね」と感慨深げに感想を述べていた。