AKB48メンバーが出演する映画「未成仏百物語〜AKB48 異界への灯火寺〜」の公開日、ビジュアル、予告編、出演者などが解禁された。

9月10日(金)に全国公開される本作は、AKB48から選出された大盛真歩、小栗有以、行天優莉奈、倉野尾成美、込山榛香、坂口渚沙、鈴木優香、武藤十夢の8人が、ちまたに溢れている不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などを成仏させる、かつて類を見ない怪談エンターテイメント作品。ドラマ、対談、体験、語りと4つのパートに別れている。

8人それぞれが知る怪談エピソードを座談会で語り合い、その後に供養するドキュメンタリー映画で、撮影は4月に静岡・函南町に現存する「渓月山 長光寺」で行われた。標高の高い寺での撮影は、キャッチフレーズにもあるように“丑の刻”(午前1時から3時ころを示す)に行われ、メンバーは無事終了したことに安堵の様子を見せていた。

このたび、AKB48メンバー以外のキャストが発表。ドラマパートでは、2018年に乃木坂46を卒業し女優として活躍する能條愛未の他、シンガーとしても活躍の小向なる、國森桜(劇団4ドル50セント)、田中日南乃、川口葵、赤澤巴菜乃らの怪談話と、事故物件サイトの運営で注目されている大島てる氏との事故物件現場による対談。さらに、某所による心霊スポットへの体験ツアーに福岡県では透視リーディングタロットで有名なミセス・ヒロコ氏が同行する異色のラインナップとなっている。

■武藤十夢コメント

私にとっては、初めてのオカルト作品でした。それぞれのお話のテイストが違うので、そこも楽しんでもらえたらなと思います。お寺のシーンは本当に寒かった…!

■大島てる氏コメント

怪談映画を実在の殺人事件現場で撮影するという点に、製作陣の誠意が感じられました!