ABEMAのオリジナル恋愛番組シリーズ最新作「恋愛ドラマな恋がしたい〜KISS or kiss〜」(ABEMA SPECIALチャンネル)の最終話が7月18日に放送された。最終告白で両想いカップルが見せた“止まらないキス”にスタジオメンバーから興奮の声が上がった。(以下、ネタバレがあります)


「恋愛ドラマな恋がしたい」は、若手俳優が毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様子を追いかける人気恋愛番組シリーズ。

今シーズンのメンバーは、元AKB48メンバーの飯野雅(みやび)、本格的な演技初挑戦というモデル・久保乃々花(ののか)、女優でモデルの谷本琳音(りおん)、「ウルトラマンタイガ」でヒロインを務めた女優・吉永アユリ。

話題作に出演する俳優・モデルの樫尾篤紀(あつき)、映画主演経験もある俳優・木田佳介(ケイスケ)、最年少20歳の俳優・京典和玖(わく)、演技経験がほとんどないモデルの藤林泰也(やす)、という顔ぶれだった。

最終話では、“最後のドラマ”と称して最終告白が行われた。告白するのは女性メンバー。渡された台本はたった2行、「女子が男子を呼び出して告白をする」「二人はキスをする。そして…」のみ。女性メンバーそれぞれが自分自身としてカメラの前に立ち、自分の言葉で思いを伝え、2人は演技ではないキスをする。

アユリとりおんは同時にケイスケを指名した。最後までそれぞれの思いを曲げず、バチバチに戦った負けず嫌いなアユリとりおんの戦いぶりも、そんな2人を平等に包み込んだケイスケの優しさも、今シーズンの大きな見どころの一つだった。

そんな3人の関係性は、最後まで変わることはなかった。ケイスケは先にりおんの元へ行き、「女優さんとしてとても魅力的な方。でも男性と女性という感情に対しては、それより先に進むことはありませんでした。せっかく気持ちを伝えてくれたのに、ごめんなさい」と誠実に返答した。

そして、ケイスケはアユリの元へ。同棲ハウスで秘密のキスを交わしたのも、2人にとってはかけがえのない思い出。だが、アユリが「今日はお互いの気持ちを知ったうえで(キス)したい」と告白すると、ケイスケは「ここで最後に結ばれる方は結婚を前提としてお付き合いできる方と決めていた」「4人の中で今俺の目に映ってるのはアユしかいない。だけど、(アユリへの思いが)好きという感情までは来なかった」と率直に答えた。

りおんとケイスケ、アユリとケイスケがそれぞれ交わした最後のキスは、どの劇中ドラマで演じられたキスよりも切なくて、どの告白シーンよりも優しかった。りおんが、アユリが、ぞれぞれ涙をこらえてキスを交わす姿に、スタジオメンバーからは「つらいね…」の声が上がった。

■ののかが最後に呼び出した相手は…

注目をあつめたののかのラストキスの相手は、最年少俳優・わく。ののかが「私とこれから一緒にいたいなって思ってくれる気持ちがあるなら、お芝居じゃないキスがしたいです」と告白すると、わくは「俺もののかが好きです。1話で一緒に主演を獲ってから、そこから毎日、ののかのことを思ってました」と返答。そして、どちらからともなく抱きしめ合い、キス。

さらに、その後も勢いが止まらず何度も唇を重ねる2人に、スタジオメンバーは「好き同士のキスだ。誰にも止められない」「ののかちゃんからもいっぱいチューしてた」と大照れ。視聴者からも「こっちにまでドキドキ伝わってくる」「ここのシーン何回も見ちゃう」「恋っていいな」という声が寄せられた。

みやびが最後に呼び出したのは、やっぱりやすだった。みやびは、やすと一緒に主役を演じた第4話のセリフを再現し「好きな人がいるの…」と告白。ドラマと同じようにやすを後ろから抱きしめ「やすのキスシーンが見れないぐらい、やすのことが好きなんだなと思いました」とあらためて伝え、やすからの返事を聞く前に「私の気持ちとして、目つぶっててください」と、切ない思いでキスをした。

報われない結果となったみやびの恋に対し、スタジオメンバーたちも「そっか…私の“気持ちとして”ね」「すごい切ない…」と涙。意外な結末続きだった最終告白に、視聴者からも「それぞれの告白が一番ドラマだった」「今回のドラ恋、シリーズ過去イチレベルで好きだった!!」「最終告白のキス永遠に見てる…」と余韻冷めやらぬ様子の感想が飛び交っていた。

演技指導の澤田育子先生から俳優達への手紙朗読シーンもあり、感動に包まれた最終回。放送後7日間、ABEMAにて無料見逃し配信中のほか、「ABEMAプレミアム」では過去エピソードもすべて視聴できる。さらに「ABEMAプレミアム」限定エピソード「二人だけの秘密」では、カップル成立後のわく&ののかが“恋人同士”として同棲ハウスで過ごした一夜の模様も公開されている。